トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

固定電話の歴史

DSCF7899

自宅の固定電話を、電話局から貸与された600型という黒電話から
自由に選択できるようになったのは1985年4月からなんだそうです。

学生時代、最初の下宿はアパートの隣の大家さんちにかかってきた電話を、
庭越しに大声で呼び出されて大家さんち駆け込んむ、いわゆる「呼び出し」でした。

大学2年の時に引っ越したアパートで初めて専用の電話を引いて、
まさに600型の黒電話が部屋に来ました。

就職して、最初の会社では独身寮でしたので、
またふたたび管理人室にかかってきた電話が
放送で呼び出される方式にもどりました。
若い独身の男性ばかりの寮で、呼び出しかつ公衆電話もたった1台という環境でしたが
それも当時は当たり前だったわけです。

2年で独身寮を飛び出して、再びアパート暮らしを始めたとき、
また600型が我が部屋にやってきて、プライバシーという環境がよみがえりました。
そのときは、クリーム色を選んだ覚えがあります。

そして翌年転職、またまた独身寮で管理人室にかかってきた電話が
各部屋のインターフォンを通じて呼び出されて
階下まで駆け下りて出ると言う方式に逆戻りしました。
ケータイやメールが日常の今では全く想像も着つかない世界でしょう。
小さなアマチュアオケの運営事務局をやっていた私には非常に厳しい環境でした。

このもどかしい環境から、接続端末の自由化にともない、
独身寮にも小型の交換機が導入されたのがたしか1987、8年。
数十人が入居している独身寮でも各部屋から電話が受発信できるようになったのです。
同時に通話できるのは3〜4名という今から考えれば劣悪な条件で、
混信や夜は通話中の確率が高く、当時ショルダーバックくらいの大きさ重さで
月10万円近かった自動車用の第1世代の携帯電話を契約しようかと
真剣に考えたくらいです。 それでもその前とは天国と地獄、
早速 SONY製の多機能付き留守番電話 IT-A45を買いました。
多機能といっても18秒で2件、9秒に切り替えると5件録音できただけでしたが
もう、それだけでも画期的でした

それは、今でも記念品として手元にあります。

その電話のおかげで結婚できたと言っても過言ではないからです。

結婚してもしばらくは、その電話を使い続けましたが、
世の中留守番機能の高度化、コードレス、ファックスがドンドン普及してきました。
わがやも子供が生まれた翌年 SONYのその名も黒電という
非常にシンプルなコードレスフォンSPP-L1を導入しました。
あまりにも高機能化し、虚飾なデザインに溢れていたので、
まさに600型の黒電のコードレス版に逆戻りという感覚でした。
しかし、さすがSONY製、充電池が数年でだめになり、
無印良品のbrother製コードレス付きファックスに切り替えたのが、
今のマンションに入居した8年前。
しかし、コードレスの充電池がふたたび一昨年いかれて、ファックスはそのままに、
とうとう、電話機を替えることになりました。

で、購入したのが、写真のMutech830です。
mutechのtelephone610というクールな電話が非常に気になっていたのですが、
やはり日本の高機能で高性能な電話と比較してしまうと、
あまりにもデザイン優先で、音質も悪いなどの評判で二の足を踏んでいました。

そこへ、この後継機が登場、
サポートセンターも稼働しはじめたということで購入に至りました。
なんとか、日本製の電話と機能的に肩を並べるくらいになり、
その上高いデザイン性を備えていて私的には結構満足なんですが、
当初家族からは、やはり機能面でいろいろブーイングがありました。

それも、日常的には、ほとんどケータイがメインとなって、
やはり、固定電話は機能より高いインテリア性が優先ではないか、と
1年半たってみんながやっと自然に受け入れてくれる状況になったと言えましょう。
ただ慣れただけかなあ。

でも、娘達の友人が遊びにくると、結構、カッコいい電話だね、
っていってくれることが嬉しいみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

学びの姿勢

DSCF7329

武蔵工業大学環境情報学部小池情報デザイン研究室の卒業研究展  を
みなとみらいギャラリーへ見に行きました。

一般の美大系デザインのように 作品展示だけではなく、論文研究が中心なので、
一つ一つ根気よく学生さんからの説明を聞いていくことになりました。
次から次へと畳み掛けるように 短いプレゼンの連続・・。
その説明で内容を把握して質問して、いいところを感心して、アドバイスして・・、
いつもと違う脳の汗をたくさんかきました。
卒展見て学生さんと会話することは、
日常とは異なる新しい発見や自分の頭の中の整理もできて結構 楽しめました。

なかでも「ポートフォリオ研究会」というのがかなり良かったのです。
学生(以前から知っていたNくんとSくん)の自主的な活動とのこと。
ポートフォリオ(作品集)の作り方は先生や先輩に聞いていては、
そのノウハウは溜まらず、研究室としてのボトムアップにもならない
という危機感からスタートしたようです。
それをきかっけに自分たちでそのプロセスを学ぶというものでした。
「どう作るか」ということをHow toやテクニックにだけでなく、
自分のことを観察(何を学んだか)、 そして考え、再構築して
アピールポイントを絞り込んで 相手に自分をどう伝えるかということを発見していました。
真摯な学びの姿勢と、大学側から費用を引き出したり、
展示のビジュアルのまとめ方など素直に感心しました。

デザイン系の学生には表現力がかなわないという 劣等感や、
先生に任せておけないという反抗心が そうさせたのもしれません。
なにしろ、このアプローチ、プロセスは普段我々が当たり前にしている行為のひとつを
あらためて気がつかせてもらったようなもんだと思いました。

いわゆる今までのデザイン教育とは違う新たなアプローチが
情報デザインという分野で様々に試みられ、
そこで学んだ人たちが社会で活躍し始めています。
そしてまたここに、新たな可能性に挑戦しようとしている研究室、先生、学生の
姿勢を垣間みることが出来ました。

教育機関、企業のサイド、いろいろな立場で
多面的な見方や考え方が出来る機会に接し
お互いのキャパシティを広げていくことの大切さを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

カドケシ

DSCF7123

カドケシ、って 今ユニヴァーサルデザインていう言葉を
一番身近に感じさせる商品の筆頭だと思う。

2002年に始まったコクヨデザインアワード、
当初は、ちょっとした思いつきの具体化、っていうレベルだったのが
カドケシが商品化になってからか、グングンとレベルが上がっちゃって
昨年は、審査員も一新、グランプリもなかなか秀逸だ。
「奥行き」というテーマ設定もなかなか考えさせられるし、
受賞作品も、それぞれにあらためて「気付き」を提示してくれている。

コクヨは今年創業100周年とやらで
ロゴは替えちゃうは、
100周年記念商品はどんどん発売しちゃうは
勢いがあります。

そんな中、限定品ででてきたのが
カドケシの限定20色のカラーバリエーション。

そのカラーリングもディスプレイもきれいで店頭で目を引いてます。

1個150円、という値段でユニヴァーサルデザインを身近に体験できる、
そしていろんなことを「気付く」「表現する」ことを
教えてくれるなかなかの優れものです。
150円X20個=3000円なら 記念に大人買いできそう。
いかんいかん、そういうんじゃないから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月18日 (土)

blogオープン

DSCF7108

2004年7月にkojikozyのHP をオープンしました。

その中のコンテンツ、dailyは、2004年2月16日からスタートしました。
ちょうど2年が経ち、HPがビジュアル中心で重くなってきたので、
これからはdiaryとして日々の気がついたコトは、新たにこのblogに記していくことにします。

2月16日という日は、私にとって特別な日ではありません。
1年に1回は東京ディズニーーリゾートを楽しんでいる我が家は、
その年、長女の中学受験が無事終了したので、
その記念と家族みんなのご褒美として2004年2月15日にTDSを堪能し、
ホテルミラコスタに宿泊、翌日の2月16日にTDLを楽しみました。
そのとき、ちょうど東京ディズニーランド開園20周年記念で、
”Remember the Dream"  Thank You for Your Smile
というキャンペーンをやっていました。
事前にその内容を知っていたので、ちょうど10年前に家族で撮った写真を持参、
10年前と全く同じ場所で、掃除のお姉さんに写真を渡して
同じ構図で撮ってくださいと頼んでみました。
お姉さんはびっくりして、
そして大喜びで写真とファインダーを何度も見比べながら撮影してくれました。
1994年の家族は私と妻と長女の3人、長女にとってはじめてのTDLでした。
そして2004年は次女が増えて4人。
背景の写り具合で、フィルムの感度もカメラの性能も
進化したことがよくわかる写真ができました。
「1枚の写真」が「2枚の写真」となることで、
生きてきた時間と家族幸せを実感する大切な思い出となりました。
その写真を、HPのdiaryのスタートとしたのです。

今日ははblogのスタートにふさわしいイベントや写真は特にありません。
2年の歳月を経て、子供の成長や、会社の環境の変化、自身のポジションの変化から
ライフスタイルも少しずつ変化していることを、振り返ることで実感できます。

久々に、自転車でわが街の変化を確かめるために2時間程サイクリングしてきました。

この街に住み始めて8年が経ちます。

郊外のニュータウンは、日々成長していて、空き地にはドンドンと新しい建築物が建っていきます。
風景も人の変化も著しく、活気にあふれ、新しい発見にあふれています。
一方で計画的に残された里山の原風景とそれを活用した中規模公園、
それらを結ぶグリーンマトリックスと呼ばれる緑道は、
生活に潤いを与えてくれています。
ちょっと自転車を走らせるだけで、季節の息吹が感じられ、
ありとあらゆる犬種がみらえるのではにかというほど犬の散歩に出会い、
様々なスポーツの楽しみ方、子供たちの遊ぶ姿を目にすることができました。

休日に、地元で、まさに生活を楽しむことを実感しながら
新たなblogをスタートします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年3月 »