« 脳科学のSF小説 | トップページ | 初夏の陽気 »

2006年4月30日 (日)

白金

Dscf9140

朝からお天気がいい。ちょっとドライブ。

といってもGWでみんな遠くへでかけてしまったのか、道路は空いていて日曜の昼下がりわずか30分。プラチナ通りに車を停めてちょっと散策。Blue Poitでランチ。白金といえば、我が家は利庵のお蕎麦が定番だったが今日はお天気がいいのでテラス席めざしてミーハーに。

このblogの4月16日 に書いたように、その後本来の目的である東京都庭園美術館 で開催されている「北欧のスタイリッシュ・デザインーフィンランドのアラビア窯」展 をゆっくり堪能する。ここに来るのは十年ぶりくらいか。内装も綺麗になり、今年の3月24日にオープンしたばかりというミュージアムショップとカフェレストランができていた。お庭の新緑が眩しく、昼寝、読書、ビールやワインを持ち込んだり、家族連れから若いカップルだっけでなく年配のカップルまでみんな思い思いに休日を楽しんでいる姿が微笑ましい。

午後3時過ぎには、カフェもチケット売り場もかなりの列が出来ていました。それでも帰りの目黒通りはすいすい気持ちがいい。

2〜30代の頃は、GWになると普段行かない遠くへ出かけるのが常だったが、移動時間と並んでばかりの人出と高い料金になんだか無駄が多いと感じていたし、日常の忙しさから、連休ならではのゆっくり楽しむコツを覚えてきた。子供が小さかったからか、そしてちょっと楽しみ方も工夫を凝らしてきて、ここ何年も午前中から空いている都心エリアで楽しんだり、友人知人親戚とホームパーティで、早めにお家でお酒と夕食ゆったりというパターンがGWの過ごし方の定番だ。

|

« 脳科学のSF小説 | トップページ | 初夏の陽気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/9832489

この記事へのトラックバック一覧です: 白金:

« 脳科学のSF小説 | トップページ | 初夏の陽気 »