« 最初の2秒 | トップページ | 燕子花図 »

2006年4月16日 (日)

北欧デザイン

Dscf8892

「北欧のスタイリッシュ・デザインーフィンランドのアラビア窯」 という展覧会が22日から東京都庭園美術館 で開催される。ぜひ、行ってみたいと思う。

我が家にはアラビア窯の食器が多い。
グラスの原型ともいえるひたすらシンプルで美しい カイ・フランク デザインのタンブラー、(ヴィンテージ品ではなく現行品ですが)や、その意志と精神を受け継ぐオイバ・トイッカやヘイッキ・オルボラの監修で製作されたティーマのプレートやボウルを日常品として使っている。ちょっと丸みがあって、でもどっしりとした機能性とデザイン性を両立した実用的な陶器は、温かみがある。どんな料理も主役を引き立たせながら、テーブルを楽しくさせてくれる。

ティーマシリーズも2005年からリニューアルされて新シリーズでは色数が増えるなど組み合わせがしやすい様に進化したようだ。

結婚して最初にそろえた食器類はアラビアではなく、デンマークのDANSK BISTROシリーズ だ。ニールス・レフスガードによるデザインは、オーブン・電子レンジ・食器洗浄機 使用可という機能性と、主張しすぎることのない清潔感漂うシンプルなラインで、飽きることなく食卓を引き立ててくれる。定番なので、買い足しやバリエーションを増やしても、コーディネートのバランスは保つことが出来る。
でも、最近ちょっとだけデザイン(ほんのわずかなライン)が変更されて、買い増しに迷ってやめたんだけど・・・。

実は、ダイニングのテーブルは フリッツハンセンのBテーブル、椅子はビーチのセブンチェア 、子供達はSTOKKEの TRIP TRAPで毎朝北欧デザインに囲まれて食事を摂っているのでした。

|

« 最初の2秒 | トップページ | 燕子花図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/9612145

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧デザイン:

« 最初の2秒 | トップページ | 燕子花図 »