« トマト | トップページ | FreePaper »

2006年5月24日 (水)

突然の閉店

Dscf9295

毎日通勤時に前を通る風景に異変が・・。
月曜日は出張だったので火曜の朝、気がついたのだが、IDEE SHOPの本店が閉店 していた。ただの閉店じゃなくて、flowers@ideeのこんもりとした木々が切り倒されていて、結構悲惨な状況。IDEE cafeの壁にやっと全面を覆うようになったツタもこのままはがされてしまうのだろうか。HPによれば21日までの営業だったらしい。

実は、この角地には「クランツ」という洋館をリニューアルしたフレンチのレストランがあった。20年前になるが、よく職場のメンバーでランチを食べにきた。フ濃い色のフローリングの床にクリーム色の壁、両開き小さな窓、内装も外観も、ちょっとした歴史を感じさせながらも木造のシンプルで落ち着いた空間だった。

そして1994年に突然の閉店、あっという間に取り壊されたかと思ったら、95年の12月にはIDEEの本店が新築オープンしてしまったのだから驚いた。
当時は確か新宿にコンランショップなんかもオープンしたし、当時このIDEE本店近くにはサザビーの本社もあって、AfternoonTeaとは全く異なる大人のインテリアショップHCLを1店舗だけ展開していた頃で、インテリアブームののはしりだったと記憶している(サザビーはすぐに千駄ヶ谷に本社を移転してしまったけれど)。

表参道近くにはファッションブランドのHAKKAがカフェを併設した和食器も多く取り入れた生活雑貨のMadu をオープンしたのもこの頃だ。

実は、このころ、上記のオープンしたばかりのサザビーショップやMaduでバーゲンを待って購入した家具、食器、雑貨がちょこちょこあって、今でも愛用しているのです。
IDEE本店はカフェにフラワーショップの併設など「ライフスタイル提案型」のアンテナショップとしては、なかなか希有な存在としてリードしていただけに惜しまれる。近くに新店準備室がオープンしたらしいので、今度はそっちを覗いてみよう。

|

« トマト | トップページ | FreePaper »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/10214219

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の閉店:

« トマト | トップページ | FreePaper »