« 突然の閉店 | トップページ | 夜も寝られない »

2006年5月27日 (土)

FreePaper

Dscf9320

朝、東京メトロの改札口をでるところにフリーペーパが積んである時がある。
偶数月の1日がURBAN LIFE METRO 、毎月10日がmetropolitana  、20日がmetro min.  とこの3つが定番で、当然東京メトロ沿線の情報が中心で、記事の内容や構成は、明らかに消費意欲旺盛な女性がターゲットだ。

で、左のメトロミニッツは、21日に休日出勤した時に手にしたいつものタイプ。右の矢沢永吉が表紙になったタイプは昨日手にしたのが、表紙も厚手の光沢紙を使い、タレントが表紙に使ってこれが無料!という出来映えである。
スターツ出版が50歳代男性向けに創刊したんだそうだ。資産運用や食など50代男性が興味を持つテーマについて編集してるんだという。たしかに、50代向けのフリーペーパーって少ないから、ターゲットを絞った広告展開としては有効かもしれない。10万部発行して広告健康食品やゴルフ、不動産関連会社などの広告で年間3億円の収入を見込むそうだ。でもね、いくら駅構内は多くのサラリーマンが行き交う場所だとはいえ、ターゲットの男性がちゃんと手に取ってくれるんだろうか。そういう習慣内容なあ。結局なんかいつもと違う、って女性が手に取ってるだけのような。

FreePaperといえば、毎週木曜日に都内で60万部発行されるR25 の成功例が有名だ。広告業界でM1世代(男性25〜34才)といわれる団塊Jrへの有効な訴求方法が見つからなかったとされるなかで、フリーペーパーがとても強いメディアとして大きな可能性があることを示してくれた訳だ。R25の意味は「25禁」、要するに25歳未満禁止というコトで、首都圏に約300万人いるという25歳以上、35歳くらいまでのビジネスマンをターゲットにした情報誌だ。でも実際は同世代の女性や、我々の世代などが多いらしいけど。

そんななかに登場した「ゴールデンミニッツ」、さて、ヒット、話題になるのでしょうか。

 
 

|

« 突然の閉店 | トップページ | 夜も寝られない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/10257708

この記事へのトラックバック一覧です: FreePaper:

« 突然の閉店 | トップページ | 夜も寝られない »