« GDP2006 | トップページ | IKEA »

2006年8月26日 (土)

浜なし

Dscf1018

今の場所に引っ越してきてから毎夏、地元の農家の軒先でしか販売しない「浜なし」を買って楽しんできた。スーパーには全国から上手く品切れを起こさないように入荷してくるので、ああ「なし」の季節だな、とか、昨年よりちょっと遅いかな、小振りかないうことを感じることはできるが、せいぜいそこまでだ。地元産はその年の天候の具合を、販売時期にも味にも、そして大きさ、値段を如実に反映してくるので、季節感とともに自然の営みや農業の醍醐味と大変さを間接的ながら実感できる。5月6月が暑くて陽性の梅雨の年は、8月のはじめから大振りの梨が手に入って長く楽しめる。例年はだいたいお盆前後からだ。今年は6月が涼しかったことや日照が少なかったので、小振りで発売も遅めかなと予想はしていた。いつも買い行く農家の道路沿いには、販売が始まると赤い「浜なし」の「のぼり」が目印としてたつのだが、今年は、目につかない。思い切って19日に農家を訪ねてみるとひっそりとしていて、21日(月)の10時から販売しますとのこと。平日は行けないので1週間たった今日行ってみると、本日販売は終了との貼り紙。聞いてみれば、今年は小振りで、あらかじめ毎年予約しているお得意さんに送ってしまうと、軒先で販売する分は少なく、豊水はもう終わってしまったとのこと。来週の後半から幸水を売り出すので、また来てください、ということだった。でもね、朝早く来ないとなくなっちゃうかもねえ、だから来る前に電話してみて、と、電話番号を書いた紙をもらった。手に入らないと、余計 欲しくなっちゃうんですよね。
浜なしは 食べていませんが、しっかり日本最大生産量である千葉は白井の梨はおいしくいただいております。でも凄く小さい・・・。

|

« GDP2006 | トップページ | IKEA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/11631117

この記事へのトラックバック一覧です: 浜なし:

« GDP2006 | トップページ | IKEA »