« どんど焼き | トップページ | ケータイの未来 »

2007年1月20日 (土)

ジンクス

Dscf5296

センター試験の日。
やはり雪が舞った。
ほんと ちらほらで、すぐ溶けてしまうので地面に落ちた瞬間の写真です。
もはや「センター試験の日は雪の特異日」というジンクスは定着した。

私は第1回共通一次の受験者だ。
共通一次というのは,センター試験の前身、国公立大学の入学試験問題の奇問・難問をなくし、一定の学力基準を測るものとして導入された1989年までのシステムだ。
今や当たり前の光学式読み取り,要はスキャナーだけど、鉛筆はHBがいいとか Bがいいとか、はみ出さないようにとか、マークシートクシートの書き方から予備校は教えていたね。予備校はデータが欲しいから、地元の河合塾と名古屋に進出したばかりの代ゼミが争うように模擬試験の受験生を集めていたことをよく覚えている。でも、ある志望校なんか、応募者4名、判定不能って出て笑っちゃいました。先生や予備校は、全く新しい経験で進路指導は大変だったんだろうけど、我々現役受験生は、みんな初めてで、同じ条件だったからあまり気にしていなかったように思う。文章での回答がない方式での試験で入学した奴らだとか、「共通一次世代は文章力に乏しい」とかいわれのない偏見を受けたような記憶もあるけど、受験地図が塗り替えられたどさくさに紛れて入学て来たことも確かなような気がする。


|

« どんど焼き | トップページ | ケータイの未来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/13610179

この記事へのトラックバック一覧です: ジンクス:

« どんど焼き | トップページ | ケータイの未来 »