« iPhone | トップページ | ジンクス »

2007年1月14日 (日)

どんど焼き

Dscf5194
Dscf5193
Dscf5202
Dscf5212
Dscf5217
Dscf5233
Dscf5238

今日は地元の町内会主催のどんど焼きだ。

「どんど」とは「尊いもの」という意味があるそうだ。
松飾りやお札は神様が宿っている「尊いもの」を焼くのでどんど焼き。

青竹を骨組みにした三角柱の櫓に、しめ 縄、門松、お守り、破魔矢、だるま、書き初めなどがつぎつぎと持ち込まれる。我が家もしめ縄、いただいたお年玉や御祝いののし袋、ポチ袋、次女の書き初めのお習字などを櫓に差し込む。

正確には1月14日の夜または小正月の15日の朝に行う行事らしいのだが、成人式が第2日曜日になってからは、14,15に一番近い土日で、消防の関係で昼間に行われている。
ここニュータウンでは、開発前から住む自治会の人たちが準備をしている。比較的大きな広場が広がる地域の公園で、かなり大きな櫓をくみ上げられることや、新住民にとっても地域の行事として定着してきたこと、お天気もよく暖かかったこともあってか今年は1000人以上いるんじゃないかというくらい大勢の人が集まった。
お餅を配り始めて1時間、横浜国際プールの敷地内の竹を整備するボランティアグループがその青竹で熱燗した日本酒を振るまったり、親子連れは凧揚げなんかしながら点火を待つ。
やっと点火されると、あっと言う間に豪快に火が舞った。
風下の子供達の悲鳴と、竹の弾ける轟音に騒然となる。
勇壮な光景に、皆 炎を見つめる。
30分程でやっと静まった炎、
残り火に近づいて餅を焼いて食べて無病息災を願う。
こうしてお正月にお迎えした神 様をお送りする。

日本の伝統的な行事に身近に触れられことは素晴らしい。


                           

|

« iPhone | トップページ | ジンクス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/13489720

この記事へのトラックバック一覧です: どんど焼き:

« iPhone | トップページ | ジンクス »