« ゴミ分別 | トップページ | 春 »

2007年2月10日 (土)

ERECTA

Dscf5654

ERECTAといえば、知る人ぞ知る、強度と耐久性に優れた業務用のシステムラックのことである。我が家には、納戸、キッチン、リビングと3カ所もスーパーエレクターがある。それぞれの場にぴったりと収まる大きさで、また収納が効率的になるようにかなり計画的に慎重にチョイスしたパーツで組んだ。
このシェルフのよさは、何らかの変化が生じた際にも組み替えて対応できるところだ。そうはいっても、結構面倒なので、いざとなるとつい先送りになってしまう。

実は、リビングのテレビはすでに私が独身時代に購入した25型のトリニトロン、PROFEEL STARで 購入から18年が経過している。まだまだ現役で問題なかったのだが、昨年末あたりから若干の挙動不審の現象がまれに出るようになった。
2008年北京オリンピックに向けての技術開発、新製品ラッシュまで持ちこたえて欲しかったのだが、経年劣化は致し方ないようだ。
で、薄型大型テレビ購入の検討に入った。周囲の詳しい人たちの意見を聞きまくってほぼこれなら間違いなし、社運を賭けてるうえにデザインも秀逸という機種にほぼ絞り込んで、最安値の好機を待つことにした。

で、いつでも設置できるようにとうとうエレクターの組み直しと相成った訳である。W1600XD450XH15004輪キャスター付きを上から順番にソフトハンマーで叩き上げ、棚を外し、長年積もった誇りやらを丁寧に落として再度組み立てた。
新たに組み上げたところで、AV 機器の配置も見直したので、輝きを取り戻した外観はブラウン管テレビのままでもスッキリ新鮮だ。

もうしばらく、楽しませてもらいますよ。トリニトロンさん。

|

« ゴミ分別 | トップページ | 春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/13883106

この記事へのトラックバック一覧です: ERECTA:

« ゴミ分別 | トップページ | 春 »