« 鍋敷き | トップページ | 新横浜駅 »

2007年2月18日 (日)

情報の感触

Dscf1332

先週末 HM大のT先生に 「プロフェッショナル 仕事の流儀」
石井さんにインタビューする茂木さんの表情
何とも言えなかったですよ、という話をきいていたので
水曜夕方の再放送を録画をして、今日やっと見る。

タンジブルビットを追求する姿勢っていうのも
MITの中をこんなに見せてくれるのは珍しいんじゃないか。
とても刺激的だ。

茂木氏もクオリア日記から
いつのまにか「プロフェッショナル日記」なるブログを
独立させていた。
ここに石井さんとの収録の裏話も詳しい。

世界クオリティってこういうことを言うんだな,と思う。

|

« 鍋敷き | トップページ | 新横浜駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/13959873

この記事へのトラックバック一覧です: 情報の感触:

» ヒトの心の波動は ぬくもりに変換できると信じたい [Fobidden Fruit Is Sweetest]
    “情報”という言葉は“情を報じる”と書く。 つまり、情報とは本来体温を持った温かいものであるべきなのだ。 通信技術がこれほど発達したというのに、私たちがそこから得る情報はいまだほとんどぬくもりを持たない。 もちろん文字や映像を工夫することで受け手の感情に訴えることは可能だ。 例えば戦場で空っぽのお皿を持った少年の写真を見たとき、私たちの心には一定の感情が湧きあがる。 そして、遠く離れた地に住む友人からのEメールのたった一つの言葉が距離を越えた感情を呼び覚ますこともある。 け... [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 07時46分

« 鍋敷き | トップページ | 新横浜駅 »