« 不滅 | トップページ | TMT »

2007年2月14日 (水)

現代アートとデザインの関係

Dscf5891

愛のかけらも集積すると日頃の感謝の気持ちだ。
ありがたいことです。

さて、夜はMOTチーフキュレーターの方のお話を聴く機会があった。
水戸芸術館ー世田谷美術館ーそして金沢21世紀美術館の立ち上げと芸術監督就任、そして大成功を納めてのMOTへの凱旋だ。
テーマは「現代アートとデザインの関係」
セミナーの冒頭ではコンテポラリーアートを「感性のマッサージ」だと
単刀直入に分かりやす言葉で始まった。
こういう方、日本にもいらっしゃるんだと実感して元気がでる。
多分、日本の学芸員 という肩書きや組織ではかなりの異端のはずだ。
お話の中にもそういう節が読み取れたが、いかにも現代アートに親しみ、楽しみながら分かりやすく広めて行こうという姿勢がにじみ出る言葉が印象的だった。

セミナー後のサロンで、ぜひ質問してみたいこともあり、粘り強く順番を待ってみた。誰の質問にも機関銃の様に言葉と知識がほとばしるので、なかなかタイミングが難したかったのだが、某自動車メーカーのデザイナーのグローバルと日本人、宗教の関係に質問にも一刀両断に切り捨てていて爽快だった。やっと、今 自分がやっている仕事の、まさにデザインとアート関係について説明し、質問してみると、これまた目から鱗のようなユニークかつ明快な答えが返ってきた。

セミナーの間は窓の外のテラスは暴雨風であったが、外に出た頃にはすっかりやんでいた。何と爽やかな夜だったろう。

これからの日本の現代アートシーンに期待したい。

そうそう、来週末には文化庁メディア芸術祭も始まる。
見逃さないようにしないと。



|

« 不滅 | トップページ | TMT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/13955778

この記事へのトラックバック一覧です: 現代アートとデザインの関係:

« 不滅 | トップページ | TMT »