« フローティングデザイン | トップページ | TMT→RH »

2007年3月11日 (日)

人気ドラマ

Dscf6143

朝から冷たい雨が強い風邪とともに激しく降っていた。
お昼頃には一旦青空も見えたが、15時過ぎにはパチパチと霰が降った。
緩みかけた蕾も震え上がっているようだった。
夕方にはすっかり青空が広がったが、慌ただしい空模様だった。

日曜の夕方はサザエさん症候群になりがちだが、
久々、ドラマが楽しみな夜である。
華麗なる一族 いよいよクライマックスだ。
多分 家族で一番私が真剣に見てます。
特別 キムタクファンでもないです。

先週末にちょっと寄ったCDショップでサウンドトラックを視聴して、
21曲のそれぞれの曲名の重さにちょっとめまいがしてしまった。
なんでテーマ曲がフィルハーモニア管弦楽団の演奏なんだ、とか
あのリモコンの将軍はわざとらしい動きだな、とか
なんでトヨタ車ばっかなんだ、
その頃の工場内は普通ランクルじゃなくてジープでしょ、とか
突っ込みどころ満載だからでもない。
突っ込みも十分楽しいけど。

通産省と阪神銀行本店は神奈川県庁、
三栄銀行はやはり同じ横浜の日本郵船歴史博物館、
神戸地方裁判所は上野の国立博物館 だな、
と見覚えのあるロケ地になった由緒ある建築物が興味深いのもあるが、
それだけでもない。

今週のAERA 「40歳男子の「華麗なる一族」萌え」なる記事を読んで、
なるほどなあと納得。
そうかあ、「モノづくりニッポン」への郷愁や、
自分の迷いや失ってしまいそうな情熱を見つけているからなのか。

実際の太陽神戸銀行合併などがモデルになっている神戸が舞台からなのか、
関西での視聴率は30%前後で推移していると言うから凄い。

技術系と事務系のモノの考え方、姿勢の違い、
はたまた現場と経営判断の狭間で悩む管理職などなど、
現代にも通じる企業におけるサラリーマンの悩めるバランス感覚を投影した設定、子供の頃を過ごした60年代の時代背景にこだわった細かな作り込みに、
日曜の夜、同じようにハマってしまっている同輩がたくさんいるらしい,
ということは事実のようだ。

ダントツの視聴率を引き上げているのは
意外にも女性より男性だったりするのではないか、と思いたい。

いずれにせよ、原作とは違った展開、結末になりつつあるようで、すっかりハマってしまった日曜ドラマ、目が離せません。

|

« フローティングデザイン | トップページ | TMT→RH »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/14213808

この記事へのトラックバック一覧です: 人気ドラマ:

« フローティングデザイン | トップページ | TMT→RH »