« ひな祭り | トップページ | 柱の傷 »

2007年3月 4日 (日)

売れ筋

Dscf6025

購入から19年目を迎えた 我が家の25型トリニトロンカラーテレビが、昨年からさすがに若干不調の気配が感じられるようになったので、「大型薄型液晶テレビ」購入の検討をしていることは2月10日の日記に少し書いた。
昨秋発売になったS社の液晶テレビは「このデザインなら欲しい!」と購入を決意させた。しかし、自分で自分を正当化するために 昨年から周到なリサーチを重ねきた。 研究所で転職されてきた元PDP開発者や画像設計などの方々の意見を 聞いたり、メーカーの同級生にどれくらいの意気込みなのかコストパフォーマンスを確かめてみたり。

研究所の人は「ま、今はブラウン管が一番画質いいから、数年先までつなぎで数万円のブラウン管テレビ買った方がいいよ」「理論的にはSEDの画質が一番いいはずだ。だけどまあ当分発売できないし、発売できたとしても買える値段にならないだろうからなあ」「液晶は反応速度遅いから酔っちゃうか、いらいらしちゃうよ」「今がS社なら 次もS社がいいよ。絵作りのノウハウが一番自然だから、他社に乗り換えるとワザとらしくて慣れないよ」「技術なんてドンドン進化しちゃうし、安くなっちゃうんだから、中途半端なのはよくないよ。それなら、他社と差別化技術つぎ込んだフラッグシップを普及価格帯で買うといいよ」

ま、正当化するためだから、全く客観性なんてなくて、結局 買うんだけど。

で、とうとう、買ってしまいました。

そうはいっても 事前に同機種を年末商戦に 価格.comの最安値価格並で 、新宿のBカメラで購入した話を聞いていたので 、それと同等価格くらいまで値引きさせたいと近所のJ,Y,K家電量販店を車でさくさくっと3つ回ってみた。

結果的には関西系J電機が 、店頭価格からさらに10%値引きしてさらに25%のポイントを付けて、 価格.comの最安値価格以下で圧勝。
Yは新装開店セールなのに、メーカーが力を入れてる商品じゃないから、という理由で店頭価格から全く値引く気なかった。店員の印象が悪い。Kは最初店頭価格から10%値引きしたあと、10分以上待たされて本社と交渉していたようだけど、20%の値引きとポイント1%が限界で年末商戦のような値引きは出来ないと降参してきた。

夕方だったので、クラブ活動帰りの長女を途中下車で店に寄らせて 、予定していた誕生日プレゼントのデジカメと 高校進学祝いの電子辞書を ポイントをぴったり使い切って購入。
いや〜〜、駆け引きと店員さんの当たり外れは大きいを実感しました。

テレビは、色の在庫が大阪の倉庫にしかなかっので 配送は来週だけど、かなり短時間で満足したショッピングができただけに楽しみです。

Dscf5972_1

実は、電子辞書は事前のリサーチを全くしていなかったので、店頭で親子3人で徹底的に比較した結果なのだけれど、結果的には今一番売れ筋で、土日3台だけの特別価格という商品をさらに値引き、かつ使用者本人がいるということでさらに2000円分のサービスポイントまで点けてもらって購入できた。

センター試験のリスニングが始まったことや格納するコンテンツの種類、手書き認識機能の充実など、今朝の朝日新聞の記事にもなっていて、電子辞書のシェアや機能がものすごいことになっていることを初めて知った。
家に帰って、娘が触っている様子を観察してみると、本体のみならず、開けやすいアフォーダンスの配慮や表示など、個装箱ですらよく出来ているのである。さすがにトップシェアのメーカーは、ことさらユニバーサルデザインなんてことをメーカーとしても全くアピールしていなくても、ユーザーの声を本当によく聞いて、商品開発や商品の仕様に落とし込んでいることをあらためて実感できた。

|

« ひな祭り | トップページ | 柱の傷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/14129026

この記事へのトラックバック一覧です: 売れ筋:

« ひな祭り | トップページ | 柱の傷 »