« 釘煮 | トップページ | 人気ドラマ »

2007年3月10日 (土)

フローティングデザイン

Dscf6149

BRVIAブランドに興味を持ったのは、
実はネットで見た欧州版のテレビコマーシャルだった。
ブラビアエンジンのその色鮮やかさをアピールするコマーシャルは、世界のそれぞれの地域で展開されているらしいのだが、その欧州版の何万というカラーボールが街を転がっていくゆっくりした映像は、非常に斬新だった。
その次のバージョンにいたっては、さらに度肝を抜かれた。

本体そのもののプロダクトデザインは、以前 2002年に「ベガ」ブランドでプラズマディスプレイを商品化していた時代に採用され、その時代の大型薄型テレビでは他社と一線を画していた優れたフローティングデザインを、昨秋にシリーズの最上位機種であるXシリーズとして再び登場させた。

Minimal/Airily/Harmony そしてTimeless というコンセプトに共感を覚える。

そのテレビが我が家に今日、やってきました。

長く付き合いたいテレビです。

|

« 釘煮 | トップページ | 人気ドラマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/14226604

この記事へのトラックバック一覧です: フローティングデザイン:

« 釘煮 | トップページ | 人気ドラマ »