« 熱狂の日 | トップページ | 鍋敷きとウオーマー »

2007年5月 5日 (土)

しょうぶ湯

Dscf7103

端午の節句の恒例行事。
「葉しょうぶ」をお湯にいれて、ゆっくり入浴。
しょうぶエキスの血行促進効果と
「勝負」や「尚武」の縁起も担ぎつつ、
邪気を払って「無病息災」を願う。

タオルや綿の袋に、細かくした葉を入れてから
湯に浸す方がいいのだそうだが、
ま、雰囲気で我が家は湯船にそのまま入れます。

昔 祖父は頭に菖蒲の葉を巻いて入っていたなあ。

「しょうぶ」なので、てっきりアヤメ科だと思っていたら
花菖蒲とは全く別のサトイモ科なんだそうだ。

根元が白いものと赤いモノとがあり、
赤い方が香りが高い と今朝の新聞の記事に書いてあったので
スーパーで売っている根元を確かめて、赤い方を買ってきました。

どこのスーパーでも売っているけど
どれも茨城産。
調べてみたら茨城県行方市(なめかたし)の特産なんだそうだ。
4月末から一気に刈り取って出荷、まさに一発ショウブの季節品。

邪気を払うとえば、
昨夜、NHK教育「劇場への招待」で放送された
今年3月のパリ・オペラ座歌舞伎公演のノーカット放送を見た。

2004年10月にはパリ・シャイヨー宮で
十一代目市川海老蔵襲名披露公演&團十郎の白血病からの復帰公演
ということで、日本でもパリでも凄い話題になった歌舞伎だが
今回はオペラ座のガルニエ宮ということで格別だ。
前回は襲名披露ということもあって海老蔵が「にらみ」を披露した。

昨夜の放送では、歌舞伎調フランス語での口上が
なかなかユニークでとても面白かった。
「じゅまぺる、いちかわだんじゅ〜ろ〜」とか
全員が結構長い口上を暗記してきていて
さらに亀治朗の「シャンデリアが落ちないか不安」
という「オペラ座の怪人」にかけたジョークも
ちゃんと受けていてなかなか感動ものだった。

そして成田屋伝統の「にらみ」。
團十郎の「にらみ」をフランス人はどう感じたのだろうか。
海老蔵の方がやっぱ かっこいいなあ、とは妻の弁。

|

« 熱狂の日 | トップページ | 鍋敷きとウオーマー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/14965576

この記事へのトラックバック一覧です: しょうぶ湯:

« 熱狂の日 | トップページ | 鍋敷きとウオーマー »