« 公衆電話 | トップページ | ノベルティ »

2007年5月18日 (金)

光と影

Dscf7162

通勤時、歩いていてふと面白い現象、モノを見つけては映像に納める。
人に対しても同じことをしているのだろうかと ふと自問自答。

そう,立場上、面談をしたりする機会もここのところ多い。

人を誉めることは 日本人は不得意だと思う。
自分も含めて。
でも、誉め上手な人は いい所を引き出すのがとても上手い。
多分 誉めようなんていう意識はしていないんだろうけど。
モノや現象、人に対していつも好奇心を持って接し、
刺激し合うことでもっといい方向へと持っていけることも才能だろうか。
でも 誉めたり 面白いって思う対象を発見することよりも
その対象が「ほんとうによいもの」だという
目利きのセンスが最も大事なんだろう。

それではじめて 信頼が高まり、人もまた集まる。
プラスのスパイラルだ。

発見や評価も批判となってしまったり、
的が外れてばかりいると
マイナスのスパイラルに陥ってしまう。

他人の振り見て我が振り直せ、なんてこともよくある。

自覚したり気がついているうちはまだ大丈夫。

自分の正当性ばかりを主張してしまって
間違った目利き、新たな気づきを
見逃してしまわないようにしなくちゃいけない。

新しいコトが生まれる会話を心がけたい。

|

« 公衆電話 | トップページ | ノベルティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/15123538

この記事へのトラックバック一覧です: 光と影:

« 公衆電話 | トップページ | ノベルティ »