« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月29日 (金)

ムサビネコ

Dscf7535

ムサビ視デにて情報デザインの演習 、第2課題ユーザビリティテストの中間報告を聴いて その場でコメントする、というわずか3時間あまりの指導ですが今年で4年目です。

着実にレベルが上がって来ていて 今回は少数精鋭で多彩。
また脳みそに大汗かきながらの 瞬間芸ともうしましょうか即興での対応は
こっちの引き出しの多彩さを確かめられるようで 鍛えられます!

先生は「自分たちのデザインの向こう側に ユーザーの存在を意識してくれるようになってくれれば」ということで、プロセスを体験し、考えることが重要とおしゃっている。
来月の最終報告会が今から愉しみだ!

学生さんと接する機会はほんと新鮮だ。
昼メシぬきになっちゃっうほど
あっという間の時間でした。
私たちの言葉がすこしでも響いてくれたら嬉しい。

帰りの正門受付では、冷たい大理石のカウンターに
今年もいつもの猫ちゃんが寝そべってました。
あんたもいろいろ苦労してんだろうけど、
この蒸し暑さの中ではひたすらうらやましいよ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

改装中

Dscf7525

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

生命力

Dscf7523

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

朝から雨

Dscf7521

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

Dscf7518

朝 出かける時は曇り空で湿度も高かったのに
仕事から帰る頃には冷たい雨。
半袖では寒いくらいだ。
日曜の食事時の緑道、公園は人影ひとつなく
雨が降ると色もない。

その分,家の中はとても温かい色に溢れていることが実感できる。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

隈取り

Dscf7509

妻と長女から歌舞伎鑑賞教室のお土産。
助六だからって 助六寿司じゃなあい。
国立劇場の売店で売っていた胡麻昆布。
温かい白いご飯にのっけておいしゅうございました。
一時は、大学の後輩が太棹の養成所に通っていた時があったので
何度か国立劇場や歌舞伎座には足を運んだことがあるが
あれからもう15年近く行っていない。
また、ゆっくりと見てみたいなあ、歌舞伎。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間と雲の流れ

Dscf7495


Dscf7484


Dscf7482_1

Dscf7504

梅雨入りは修正か?
暑い。
湿度が低く、緑陰では吹く風が爽やかなのが救いだ。

髪を切り、帰りに緑道をサイクリングして来た。
小川ではあちこちでザリガニ取りの親子が楽しそうに歓声を上げていたが
どちらかといえば、熱心なのはどこも父親だ。
岩場の影にカエルがたくさん潜んでいるのを見つけて叫ぶ男の子といやがる母親、
ファッショナブルな出で立ちでジョギングしながら走り去る若い女性、
買い物帰りにゆっくり散歩する夫婦
そしても様々な犬達の散歩・・・。
カルガモの親子ものんびり。

日没前には上向きの天使のカーテンも登場。

地元の休日の風景は時間がゆっくり流れている。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

光るポスター

Dscf7469

表参道駅に光るポスタ−を発見。
闇を走り抜ける競走馬の後方のキラキラが左から右へ光ります。
無機ELが背面に仕込んであるのか!?
下のボックスはインバーターか!?
それのしても、目を引くのは下の無愛想なボックスだったりして・・・。

すみません、競馬に興味がないので 
帝王賞がどんなものかさっぱりわからず、
このポスターの意味も価値もよく解らず・・。

目を引いて 立ち止まらせただけども効果絶大なのか・・.

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

憧れ

Dscf7502

17日に買った本
「今井信子 憧れ ヴィオラとともに」を読んだ。

日本人のヴィオラ弾きなら 、その名を知らない人はいないと思う今井信子さん。

世界を舞台に演奏と指導に活躍する ヴィオラ界の第一人者だが、
注目の浴びることの少ない楽器の性か 、プライベートなことを知る機会も少ない。

この自伝的なエッセイは、 まさに今井さんのドラマティックな音楽人生 そのものが、 次から次へと  そのお人柄が溢れんばかりに 明快な語り口で紡ぎだされていく。

そこには、ヴィオラという楽器の性格や歴史 、クラシック音楽界における
ヴィオラの位置づけを振り返ることができるばかりか、特にこの50年間のヴィオラへの関心を広めるための様々な試み、日本における幅広い新たな活動が詳しく書かれている。
それらはまさに今井さんの音楽への姿勢、歩みそのものでもあり 、音楽史に残る足跡を確かめることが出来る。

第5章「カルテットの日々」などは ヴィオラ弾きならずとも 「アンサンブルをする」こと 、そして音楽をすることコト以上の 様々なことを考えさせられた。

プロフェッシュナルな創造活動として
「今しか出来ないことを 覚悟を決めて進んでいくこと」
それを開拓者として実践した記録だからこそ、大きな感銘を受けた。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

木槿

Dscf7453

街路樹のむくげが もう花を咲かせ始めた。
まだ1−2輪だけど。
朝咲いて夕方には萎んでしまう一日花だが、
もう次の蕾がスタンバイしていて、
これから毎日 数ヶ月間、次々と絶えることなく咲いていく。
私たちには、ず〜と咲き続けている錯覚に陥る花である。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

今井信子

Dscf7448

ビオラ弾きで、今井信子という人を知らない人はいないと思う。
15日の朝日新聞夕刊に「ビオラの魅力を伝えるために本を書こうと思い立ちました」という本人の弁とともに、紹介記事が掲載されているのを見つけた。
自伝「憧れ」ビオラとともに
今日、本屋さんで手に取って迷わず購入。

「ノー・リスク、ノー・グローリー」
多分 今井さんの人柄、音楽の様に豊かで歯切れの良い内容だろうと
期待を込めてこれから読み進めていく。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

授業参観

Dscf7435

父の日ということで,午前中は恒例の小学校の土曜日授業参観だった。
長女から続けて10年目になるが、これが最後になる。
3時間目は社会科で鎌倉幕府のところ、
4時間目は初めて音楽の授業を音楽室で参観した。
教室の後ろにはお決まりの楽器の紹介と、上の方は作曲家の肖像が貼られていて、
いやがうえにも盛り上がる(私だけか)

GWの時の授業参観で理科の実験を見た時は、
落ち着かない男子もいたりしたが、意外にも音楽は嫌じゃなさそうだ。
まずは 全員でリコーダー合奏、そしてグループに分かれて練習、
続いてグループごとに順番に発表会。
リコーダーだけじゃなくてピアノやアコーディオン、鉄琴など
鍵盤楽器の組み合わせも人数もさまざまで。
全員合奏で音が揃うと気持ちいいことが体感できるのか、
まさに息がピッタリとなってきて、全員が集中する。
導入部の音楽の先生の誘導が上手い。
そしてグループ練習では騒々しくて落ち着かないながらも、
男子も結構まじめに早いだの、音がちがうだの練習している。
リコーダーを吹けない子が一人もいないんだな。
そして発表では、男子グループのひとつでメロディーの子がちょっと走って
少しだけアンサンブルが乱れかけた。
演奏終了間際にお前が早い、お前に合わせたのに と口論の中で終わった。
でも、親が後方にずらりと並んだ参観授業では、シャイな男の子達特有の照れ隠しなんだな。
だいたい、早いとか遅いとか、合わせようとしたのに、なんて相手の音を聴きながらアンサンブルをしていた証拠だ。
あ〜、面白かった。

午後、そのまま休日出勤したが、仕事はかどりました。
家族との夕食には間に合って帰宅。
鎌倉と音楽の話で盛り上がった。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

音楽を考える

Dscf7429_1

茂木健一郎/江村哲二 音楽を「考える」(ちくまプリマー新書 058)
通勤の往復の中で今読んでいる。
モーツァルトの不協和音をiPodで聴きながら・・。

つい先ほど クオリア日記を久々に読んで、江村氏の訃報を知った。
新聞の訃報を見落とし、
さらに帰宅が毎晩遅いので情報にも疎くなっていたようだ・・。

名古屋工業大学大学院卒業という理系でありながら、独学で音楽を学び、
ブザンソン国際作曲コンクールで優勝うるなど、受賞歴多数の作曲家だ。
最近、新作の初演・著書の上梓・作品集のリリースと
旺盛な活動をされていた中での急逝である。

早生まれで学年は私よりひとつ上になるが、
同じ年に生まれたことにも親近感を覚え、
上記の著書を読み進めば進む程
共感を覚えていただけに、悲しすぎる。 


ただただご冥福をお祈りするのみ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨の晴れ間

Dscf7424

のだめ18巻が13日に発売されていたことを
すっかり忘れていた。
朝、通勤途中の駅のコンビニをいくつか覗いたが,置いていない。
午後、外出ついでに立ち寄ったTUTAYA BOOKSで店員さんに聞いてみたら、
もう売り切れです、明日には入荷するでしょう、とのこと。
長女に学校帰りに買ってきてもらう様、メールで頼んだ。
無事ゲット。
あ、プリリンのキーホルダー付きじゃない普通のです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

梅雨入り

Dscf7422

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

裏路地

Dscf7417

六本木も尾根となっている外苑東通りから一本裏通りに入ると
ご覧のような不思議な光景。
行き止まりの路地や階段、坂が多い。
昔は林と窪地と寺、墓に囲まれた大変寂しい場所だったそうだ。
写真は 東京ミッドタウンから外苑東通りを挟んだ反対側、
麻布龍土町、今の六本木七丁目。
表通りのペンシルビルの飲食店の表情とは打って変わって
小さな武家の名残の住宅地らしい。
隠れ家的な飲食店も多そう。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

誕生日

Dscf7415

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクリル冷水筒

Dscf7407

無印の店内をぶらぶらしていて改良された新アイテムを発見。
これからの季節に向って、水だし麦茶にピッタリ。

縦置きも横置きもできるので冷蔵庫にも収まりやすい。
開口部が広いので底まで普通のスポンジで洗いやすい。
そのままパックを入れてもいいように
お茶パック入れは取り外せる。
何よりシンプルなたたずまいがいい。

欠点は、横に倒して収納しても中味の液体が漏れないように
蓋の気密性を保つためのパッキンがあって
開けるのに結構な力が必要なこと。
次女は開けられないかもなあ・・。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

ゲドを読む。

Dscf7398

「文庫本のかたちのフリーペーパー」

6月6日配布だったが、
書店やCDショップの開いている時間には
会社を出られなかったので、やっと今日入手。

なんだ、ローソンでも手に入れられたんだと 今更知る。
初日で在庫無し、というお店も出たと記事にはあるが、
店員さんに聞けば、手渡ししてくれるというお店が多い様なので
実はまだまだ手に入るようだ。
何色が手渡されるか解らないので
マニアは複数のお店を回って全5色を集めているのでしょう。

実は 私は原作も読んでいないし、映画も見ていない。
糸井重里プロデュース、佐藤可士和の装幀
それに中沢新一氏の「「ゲド戦記」の愉しみ方」という、
映画ではなく原作の解説付き、
という所に興味を抱かずにはいられなかった。
ぜひ、手に取って、また中味を読んでみたいと思った。

セルDVDとしては異例のユニークなプロモーションに
業界の注目も高いことだろう。
元々、「ゲド戦記」の映画化については宮崎駿氏自身が20年以上前に
原作者のル=グウィン氏に打診したものの了解を得られなかったのが
ある日突然原作者からの許可がスタジオジブリに届き
息子である吾朗氏が初監督作品として映画 化された経緯がある。

3月27日にNHKプロフェッショナル仕事の流儀で放映された
その試写会での宮崎駿氏の言動は、
その原作への深い思いと映画としての表現に対する氏の
複雑な心境を表していたことが記憶に新しい。

フリーペーパーと言っても文庫本。
200ページあるし、中沢氏の分だけで59ページもある。
現時点で全部読み切れていないが
少なくとも 映画というメディアの宣伝に
ビジュアル全くなし、
中沢新一、河合隼雄、宮崎駿ら豪華執筆陣による
非常に読み応えのある「活字だけ」のフリーペーパーという
メディア戦略。

話題性だけじゃなくて
中沢氏の解りやすく中味の濃い原作解説など
その仕上がりをしっかり受け止めたいと思います。

Dscf7400_1

Dscf7411

マニアじゃないけど、
午前中に近所の新星堂でゲットした黒に続き、駅構内で立ち寄った有燐堂で黄色、
翌日11日LOWSONで往復はがきを買ったら奥に積んであるのを見つけてしまい赤をいただいてしまった・・・。立派なマニアか・・。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

キンシバイ

Dscf7383

緑道の金糸梅が満開だ。
雨が降ると ますます元気になる。
この花が咲くといよいよ梅雨入りだ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

都会の太陽

Dscf7380

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

iPhone

Dscf7375

iPhoneの発売が6月29日だと発表があったそうだ。
あちらで流れているCMが見られる。

iPhone TV Ads

映画の宣伝も兼ねたちょっと無理目のシーンもあるけど
これは、やっぱり電話なんだよ、
というシーンで結んでいる所がポイントだろう。

早く触れてみたい 使ってみたい!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

津田沼

Dscf7371

夕方から津田沼駅前の大学で 「デザインマネージメント論」を一コマ
担当させていただいた。
同窓でユーザビリティの研究で交流のあったN先生が
昨年度からこの大学に移られ、声をかけていただいたのががきっかけだ。

津田沼といえば
私にとっては19歳になったばかりの大学1年
初めてオケの一員として舞台デビューした場所。
その前年にNHK技研による最新の音響設計というふれこみで
オープンしたばかりの習志野文化ホールで
演奏したのはブルックナーの交響曲4番だった。
いまでも2楽章のビオラパートのソリは暗譜で奏でられる。

今日、そこが千葉工大の元学校用地だったと 初めて知った。
そこを売って埋め立て地に広大なキャンパスを新たに求めたんでしょう。

大学の入り口には、麻疹の休講開け初日を知らせる看板があった。

講義は90名の学生さんが 静かに熱心に聴いてくれて
(ガーガー寝てる人はいなかった!)
質問もいくつかでたし、
終わってからはたくさん声もかけてくれたし
まずは明日を担う若者達に
デザインの可能性は少しは伝わったかなと思う。

一番驚いたのは
つい先日まで某外資系オってコンピューター会社のデザイン部門長だった
Yさんが教授になっていて
特別聴講生です、と一番前に座っていたこと。

講義後は話も弾み、
興味を持って楽しんでいただけたようで何よりだった。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

爽やか

Dscf7353

ソウケイ戦
妻がソウはじめ近親者にソウが多いので
自然にラグビーをはじめソウケイ戦は気になる。

で、今日もテレビ観戦で応援 。

私的にはBS日テレ 地デジ日テレ NHK教育
それぞれ特徴があるのが面白かった。
日テレの解説者は元日本代表監督という肩書きだったが
元慶応の監督でいらしたのでどうしても
慶応びいきな発言が多く、視聴者の反感かっただろうなと思う。 

それにしてもさすが民放は視聴者の期待に応えるべく
「ゆうちゃん」専用カメラを据えているのか、
ベンチでの表情すら見逃さない演出だ。

一方、NHKは解説者も元慶応、元早稲田のお二人を揃えての
鉄壁の体制 。
監督インタビュー後のスタンドからの
都の西北フルコーラスもちゃんと最後まで放映してました。

ファン泣かせだね。ディレクターは早稲田か!?

それにしても昨日はエースで負けてしまったので、
このまま斉藤が完投で優勝してしまっては、
あまりにも完璧過ぎて逆に興ざめだったかも。

それは本人にとっても せっかく盛り上がりまくっている
六大学野球にとってもよくないと思っていたので
そこは神様はさすがだね、とソウ出身の義兄のご意見。

ごもっともだ。

初回からきっちり打線が仕事をし
ちゃんとエースが締めて優勝決定をしたというのは
まぎれもなくチームの総合力だ。

一人のヒーローの誕生以上に
意味のある大きな試合になったんじゃないかと思う。

秋のリーグ戦、さらなる王子の成長が楽しみになってしまって、
これまた、一過性ではなく、
次回のドラマの展開を楽しみするかのごとく
この人気は高まっていくのではないか。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさら

Dscf7332

今更ながら iMacG5のメモリーを増強。
iLife'06にアップグレードした。

4年間18000枚のデジカメ画像を扱うのにさすがにのろい。
毎日ブログ更新のためにデジカメ画像を読み込む時間も
ちょっと虚しいくらい時間がかかるようになったいた。
最近、起動も終了も導入当初の感動が薄くなる程遅いと感じていたので。
体感的には iPhotoの立ち上がり画像読み込みは圧倒的に
Webの読み込みも表示も早い。

が、iPhotoの使い勝手が若干変わってしまって
ちょっと戸惑い気味なため作業性は少し落ち気味。
すぐに慣れるのでしょうが。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

インフォメーショングラフィックス

Dscf7342
Dscf7341
たか〜〜い青空眺めつつ
夕方ゆるゆると自転車に乗って
近所の大学祭にでかけた。

ムサコウの「情報デザイン研究室」
インオフォメーショングラフィックス展

ここのところ毎年恒例。もう4年目くらいになる。

入り口の「麻疹」の注意に
あらためて ちょっとびびる。
ま、免疫あるから大丈夫でしょう。

模擬店やイベントも混んでいないし 
地元のファミリーと学生さんがのんびりと楽しんでいて
ゆるゆる・・してていい。

環境情報学部なので 環境の優しい大学祭が売りだ。

飲食も紙コップ 紙皿を使わず
プラスティック食器に補償金の50円が料金にのせられていて
繰り返し使うための ステーションにもっていくと
50円が戻ってくるというシステム。
名付けてDRP=Dish Return Project も11年目。
板についてます。

で 目的の展示。
いつもなら学生さんの説明を次々に聞いて
アドバイスしての繰り返しで
結構ぐったりしながらも 元気をもらって
爽やかに帰路につくんだけど
こっちもゆるゆる。

演習の課題も、学ぶ学生さん達の内容、展示も
すっかり板について、こじんまりながらも
しっかりとまとまっていました。

昨年は日曜だったので多摩美のYさんと
「領域を超えた学び」についてゆっくり話をしたのだけど
今年は土曜日だったので会いたかった後輩の準教授と大学院生にもあえず
あっさりと またゆるゆる自転車に乗って
緑道を戻ってきたのでした。

Dscf7335

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (7) | トラックバック (0)

緑道の散歩

Dscf7325
さつきとアブ

Dscf7312
ニワセキショウ(庭石菖)

Dscf7316

オオジシバリ(大地縛り)

Dscf7321_1
アワフキムシの家

「植物の中に雑草というものは一つもないのですから」

長女が学校からもらってきたプリントの表紙、
校長先生の文章の中に見つけた一説にハッとする。

どんな些細なものと見えようとも
それぞれには存在の意味がある。

でも人は昔も今も 自己中心的で
興味のあることを優先的に時間と効率と経済の中で
行動しているのですな。

散歩して 見逃しそうな ひとつひとつを
あらためて見つめて新たな発見に新鮮な
ゆるゆるとした時間。

大事です。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »