« 梅雨の晴れ間 | トップページ | 授業参観 »

2007年6月15日 (金)

音楽を考える

Dscf7429_1

茂木健一郎/江村哲二 音楽を「考える」(ちくまプリマー新書 058)
通勤の往復の中で今読んでいる。
モーツァルトの不協和音をiPodで聴きながら・・。

つい先ほど クオリア日記を久々に読んで、江村氏の訃報を知った。
新聞の訃報を見落とし、
さらに帰宅が毎晩遅いので情報にも疎くなっていたようだ・・。

名古屋工業大学大学院卒業という理系でありながら、独学で音楽を学び、
ブザンソン国際作曲コンクールで優勝うるなど、受賞歴多数の作曲家だ。
最近、新作の初演・著書の上梓・作品集のリリースと
旺盛な活動をされていた中での急逝である。

早生まれで学年は私よりひとつ上になるが、
同じ年に生まれたことにも親近感を覚え、
上記の著書を読み進めば進む程
共感を覚えていただけに、悲しすぎる。 


ただただご冥福をお祈りするのみ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 梅雨の晴れ間 | トップページ | 授業参観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/15447759

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽を考える:

« 梅雨の晴れ間 | トップページ | 授業参観 »