« WIPE | トップページ | Tシャツ »

2007年8月24日 (金)

Good Design Presentation 2007

Dscf8370

GDP 2007 に出かけた。
審査後の公開ということで 週末の金曜日
開場時間は18時から21時 、まさに会社帰りを狙っている。

会場のビッグサイトの建物に入るなり
IFデザイナーである同級生のMに会う。
私の同僚のHに会えるかな、というので
デジカメのデザインのことでも聴きたいのかなと思ったら
最近 粒盆栽を始めたので、そのことを聴きたいんだそうだ。
デザインの話じゃないんかい。

会場の受付は想像以上の長蛇の列。
要領よくすぐ入れましたが。

建築分野もチェックしにいく。
ヘルメットかぶって現場事務所や建築現場で夜遅くまで何度も議論した
建築事務所の懐かしい面々に再会、話が弾む。

と、このイベントの裏方であるSデしん事務局の同級生Aが巡回にやって来た。
朝から立ちっ放しだし、気を使ってかなりお疲れのようだ。
これから無料でビールが配られ、
Cn社のデザイナーで1年前に結成したビッグバンドがステージで演奏するという。
なんだか、もうデザイナーの納涼大会という趣だ。

ステージの前にいると
このディスプレイを担当した背の高〜〜いT社さんに声をかけられる。

今回の展示は 例年と趣を変えて
全体の統一感を重視したレギュレーションだったため
料金の高さや、今までの展示方法ができないなどのクレームやら
問い合わせで大変だったでしょう、という話やら
労うというより、ちょっと皮肉も交えて話をする。

業界は狭い・・・。

ステージで演奏が始まってまたびっくり。
1年先輩で(留年したんで一緒に卒業)
転職してインターフェースデザイナーをやっているMさんが
ステージでギターを弾いている。
客席の先頭で座って声援している家族はMさんの奥さんと子ども達だ。
聞くところによれば、初心者ばかりからはじめた1年半近くのアマチュアバンドらしい。
暗譜で演奏していたので、それなりに相当な練習を積んでるんでしょう。
今日も朝早くから練習していたらしい。
今日のC社のデザイン部門は仕事になっていないな。

多くの人々は一堂に会するグッドな!?デザインを見に来てるので
ビールを飲んでステージ前で音楽を聴いて楽しんでいるのは関係者が多いようだ。

まあ、とにかく、産学の時の先生やらその時の学生さん
同級生に同窓生、そして他社の顔見知りのデザイナーと
展示品を見ているより 談笑している時間の方が長くなってしまった。

でもそこから得た情報や、次に繋がる会話が
一番の収穫だったりする。

演奏が始まると、ステージ近くのブースでは会話もままならないし、
会場全体に響き渡っているのでどこでもここぞとばかり、出展品を見て回った。

肝心の1次審査を通過した商品だが
非常に真摯で正直、まっとうなデザインが多くなった、という印象。

駆け足だったので全部はとてもじっくり見きれなかったが
突出したものもまたなかったように感じた。
機能特徴を虚飾や、奇をてらって差別化を図るようなものは排除されているのか、
そういう商品はもはや受け入れられないトレンドがはっきりしてきたのか
それぞれに「こうあるべき」を
ちゃんとメッセージしている商品、共感できる商品が
今までより多かったような気がする。
そういう領域しか 見なかったからかもしれないが。

かといって、あなたはここで何をメッセージしたいのでしょうか
という展示が多いのも事実。特に新領域。
まだプロセスやメソッドが確立されていないから、
といういい訳も通用はしなさそうだ。

勘違いしてる、と思ったのは
我を通していたマンションデベロッパーさんでしょうか。

2次審査の結果はいかに。
変われるか Gマーク!?

真価のとわれる正念場ですね。

それにしても 会場の床はカーペットを貼って欲しい。
コンクリートの床は疲れます。

Dscf8375

 



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« WIPE | トップページ | Tシャツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/16228480

この記事へのトラックバック一覧です: Good Design Presentation 2007:

« WIPE | トップページ | Tシャツ »