« 本日の夕焼け | トップページ | simple design »

2007年9月 9日 (日)

小澤漬け

Dscf8463 昨日は小沢漬
といっても一郎じゃなくて小澤征爾。

午後からNHKハイビジョンは深夜まで特集を組んでいた。
その多くを見た。

宮本文昭の素直な感想と諸石氏の解説がとても好感。

ウイーン国立歌劇場の音楽監督という
ある意味 東洋人として西洋音楽の頂点にまで上り詰めながら
体調を崩して後、半年間の病気療養で音楽活動で姿を見せることがなかった。

昨夏から徐々に音楽活動を再開し、
今年の1月にはウイーン国立歌劇場に復帰、
今夏は古巣のタングルウッドでマーラーの復活を演奏した、という記事を読んだ。
そして3年ぶりのサイトウキネンでのオペラ、
初演を含むフランスものプログラム、
と精力的な活動で 見事に復活を印象づけている。

午後2時くらいから、
アーカイブのブラ1 浄夜、マーラー9番、
ライブの小澤はいずれも圧倒的だ。

有名なドキュメンタリー ozawa.
一流としての努力と幸運と人間力
感性の表現者と教育者としての方法論を模索する葛藤、
そんな内面的な面も浮き彫りになって 見応えがあった。

世界的な超一流とは比べようもないが
日頃の自分の仕事にも重ね合わせて
考えさせられたのですよ。

「感性」っていう価値は、人間性や表現そのものなので
技術や数値では表し難いが、
少なくとも方法論というのは「経験」から「共通項を伝える」
という「技術」として重要だよな、と。
それは、その表現世界のボトムアップ、レベルアップ、
それによるジェネーレーションを超えて受け継ぎ
発展してくまさに創造の源泉みたいなものじゃないかって。

カンタンにいうと気づきの合理的な後押し。
「教育」と「エデュケーション」の語源の違いみたいなもの。

19時からは松本から
サイトウキネンオオーケストラのコンサート生中継。
5.1cnサラウンド。
チケットは相当入手困難らしいし、
リビングで家族と鑑賞できることは素晴らしい。
鑑賞といっても
お〜 このビオラ奏者は会社の元部長さんの娘さんだ(リサイタル聴きました)とか、
この人、歳とっちゃったねえ,
リストに名前があるのに顔が見えないあの人は もう帰っちゃったんだな、
という話から
弦楽器の音色、テンポの動きや 早いパッセージの見事なアンサンブルに
スゲー!!を妻と連発。 
ベルの音があまりに重厚と思ったら、
チューブではなくて本物の釣り鐘型を打っているのにびっくりしたり、
と、あーだこーだ、子ども達に解説もしたりと
結局、お酒も入ってじっくりは聴いてませんが。

メインの幻想、
小澤征爾が初めて録音した交響曲だ。
(確か音楽監督をしていたトロント響)
歯切れの良さ,強調された音の強弱,
ソリスト級の演奏者をまとめ その実力を引き出した
ライブならではの緊張感ある名演だったと思う。

それにしてもメンバーの世代交代が著しい。
年齢差が激しいというか。
今回のエネルギーの要因はここにありそうだ。

まさに 伝え 気付き、新しい価値を生む
その理想的なエデュケーションの場となっているのではないだろうか。
その場に多くのオーディエンスが立ち会い、音楽だけではなく
プロセスの感動を共有化している気がする。

「天国と地獄」をみてしまったので
タンホイザーは途中からちょっと見て
今週も平日の寝不足から睡魔に襲われ 途中で退散。
「音楽塾」の成果はちょっと楽しめなかったけど。

小澤征爾って「 がむしゃらに努力」してきた自分を振り返り、
今はそれを合理的な方法論を仕組みや場として 提供し、
実践している人とあらためて実感。

長生きして欲しい。

レベルは全く違うけど
なるほど
我々にとっても 「エデュケーション」とはこういうことかな、と。

ちなみに 朝 
荒川静香が母校の小学校で授業をした
NHKの「課外授業、ようこそ先輩」も見たんだけど
「結局 子ども達からたくさん学ばせてもらっった」
みたいなことを最後に本人が感想をいっていた。
「社会は一人で成り立っていないんだよ。みんなで支え合って暮らしている」という
人と人の支え合いがテーマで、
金メダリストが自分の経験からそれを伝えようとするんだけど
それでこの感想は印象的だった。

極める人はどこまでも謙虚でどん欲なのかもしれない。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 本日の夕焼け | トップページ | simple design »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/16390251

この記事へのトラックバック一覧です: 小澤漬け:

« 本日の夕焼け | トップページ | simple design »