« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

今日から

Dscf8924

本日 100%desgn 初日
私は 朝 会議  そして昨日けりの付いたはずの案件の再調整で
ちょっと遅れて会場に。

小さなブースなのに 同僚と3人で 引きも切らずに押し寄せる皆様に
説明しつづけること10時間。
その数 約500人。
大盛況で、みなさん 驚きと たくさんの励ましをいただいた。
嬉しい悲鳴状態。
とても興味を持って聞いていただいて
連絡をしたい、コラボをしたい、取材したい
研究所に行きたい、売りたい、
といただいた名刺を見て びっくり仰天という方々もいて
その反響の大きさに ちょっと戸惑いすら覚える。

21時を回っても
ず〜っと混んでいたので
空いてからちゃんと説明をききたくてやってきました
という大阪から来た学生さんもいて,ほんとに嬉しい。

この2年間やってきたことに
ものすごい手応えを感じ
ここ数ヶ月の別案件の苦労を忘れることができるほど 充実した一日だった。

Dscf8939

エピソードもたくさん。そのひとつ。
遅いランチをJ-WAVE cafe で一人で食べていた。
4人席だったので 、相席いいですか、とカップルが声をかけてきた。
彼が 気を使って紙ナプキンを持って来てくれたりしたので
何気なく話をはじめた。
プロダクトデザインを勉強してる学生さんだったが
なんと先ほどコラボをしようと声をかけてくれた
某有名デザイン事務所の社長さんご子息とわかった。
え〜〜〜、なんていう偶然!
とっても話が弾んで、一人だったランチがとても楽しくなった。
夜のパーティー会場でも 後を追っかけてくれて
礼儀正しく お礼やら挨拶までされた。
なんと気持ちのいい、誠実な若者だろう、と感動さえ覚えた。
Dscf8946

なんだか、彼がプロになった時
どこかで必ず再会するのではと思った。
こういう勘って、結構あたるんだよなあ。

世の中、ご縁です。
今日も たくさんたくさん ご縁が出来ました。

Dscf8960

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

明日から

Dscf8922

明日からTokyo Designer's Week が始まる。
会社の帰り、大粒の雨が降りだした頃
骨董通りでは Design Tide のExtension参加ショップのいくつかが
いずれも脚立をたてて、準備に追われていた。
もうすぐ、日付が変わりますよお・・。

私も明日から参加。
でも朝一から会議と緊急の打ち合わせで
会場に入れるのは お昼近くになってしまいそうだ。
でも これから三日間、
日頃から脱却して 思いっきり楽しみたい。
いろんな出会いにワクワクしている。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

朝の月

Dscf8920

朝、昇る太陽の反対側、西の空に月が浮かんでいた。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

台風一過

Dscf8906

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

荒天

Dscf8903

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

100% design tokyo

Dscf8853

Tokyo Designer's  Week
2007年10月31日(水)〜11月4日(日)
10:00〜21:00
明治神宮外苑中央会場
入場料:2,000円(事前登録で500円OFF)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

デパ地下

Dscf8844

近所のデパ地下がリニューアルオープンした。

関西系のデパートなので、神戸、大阪などの出店が特徴でもあるが、
あらたに私の出身地、名古屋のお惣菜屋さんが新たに進出して来ていたのには驚いた。
「那古野(なごや)いなり」というのを売っていた。

「いなりずし」といえば愛知県の豊川稲荷の門前町が起源かと思っていた。
たしか「稲荷寿司」も登録商標になっていたはず。
が、このお寿司のパッケージには、
「江戸時代末期、名古屋(那古野)で油揚げにすしめしを詰めて売り出したのが初め」と
記載されていた。へ〜〜、そうなんだあ・・。

那古野(なごの)町という町名は小学生時代住んでいた自宅の隣町だ。
発祥がどこであれ、懐かしい!ネーミングに惹かれてしまった。
東日本では酢飯だけのいなり寿司が多いが、
西日本では人参や椎茸などの具材を混ぜ込んで詰めていることが多い気がする。
この「那古野いなり」、酢飯も具もぎっしり詰まっていて
さすが名古屋、お値段も手頃でお得感一杯である。
お弁当も でかい海老フライに手羽先、総菜がぎっしりはいっていて
他の店より安い。恐るべし名古屋商法。ここ横浜で受け入れられるのか!?

そして今回のリニューアルの目玉は
ABC Cooking スタジオの 進出だ。
先日、NHKの経済羅針盤で横井社長の回を見て、とても興味を持っていた。
特に印象に残った語録。
「僕は本当の料理教室っていうものを見たことないのです。」
「生徒さんの言葉だけを聞きながらやってきたら、こういう形になった」
「僕は始めるのは好きなのですが、継続があんまり得意じゃなくて。
 だから、アイディアだけ出して、後はみんなにやってもらうのです。」

妻と一緒に ちょっと覗いてみると 早速説明された。
すでにKidsのコーナーでは 子供達がお揃いの白いコックさん姿で
調理をしているし、それを熱心に撮影しているおじいちゃん・・.
オリジナルアルバム撮影イベントなんていう企画もあるらしい。

オープンイベントで 12月まで毎日6回、
500円で体験できる手作りパン、ケーキ教室が開催されている。
最終回は20時からだ。二人一組ということで娘や妻は 興味津々だ。
が、説明のお姉さんから ご夫婦や男性はお申し込みいただけません、
と 釘を刺された。あいたたた。

この教室の特徴は、普通の料理教室だと
グループで習うので、ちょっと消極的な生徒は ついお皿洗いだけで
終わってしまって、結局体験できず,覚えられない、
なんてことがよくあるんだそうだが、
ここは1テーブル4〜5名の生徒に対して講師1名の少人数制スタイルなので
生徒みんなが手を出せるのだそうだ。
それよりも、好きな日時を選べるとか、
PC・携帯からの予約が可能、ガラス張りで明るくて
外から見える 見られるの開放的でカジュアルなスタイルが
圧倒的に受けているんだと思う。

首都圏を中心に展開しているスタジオの立地は
F1層(20~34歳)の未婚女性という
明確なターゲット層があるので 集客力のあるテナントとして
人気も抜群のようだ。

丸の内に男性も通えるスタジオを開設したらしいが、
今回 郊外のニュータウンのデパ地下での開設は
新たな顧客マーケットの開拓を狙っているのだろうか。

今の生活スタイルに合わせた料理教室、
ABCのブランド化による海外進出
30分で出来る女性専用フィットネスへの進出

ちょっと身近な環境の変化で
ユーザーの声から 
着実にビジネスの可能性を広げている場を
実感した週末でした。



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

2:6:2の法則

Dscf8835 マンションの管理組合の総会があった。
11回目になるが、
全戸数のうち、出席者は2割、委任状による欠席が6割、委任状もなく欠席が2割、
この数字は初回からほぼ変わらない。

これは2:6:2の法則ピッタリの数字じゃないか と思った。

いわゆる大規模マンションなので、まだ組合理事は未経験だが
ほとんど毎回出席して来て、毎期の管理組合の真摯な取り組みに
頭の下がる思いで報告を聞いてきた。
昨年は都合が付かず出席できなかったこと
来年早々に10年目の大規模修繕工事に入ること
そして来年3月には新線開通に伴う新駅が、徒歩7分のところに開業する環境ため
上昇傾向にある中古価格に対しどう資産価値を向上、または維持していくのか
など、ぜひ今年は今の取り組みや今後の状況を確認したいと思った。

出席者の質疑も議案ごとに活発で、また好意的でもあるので
(以前は苦情を言う場と勘違いしている人もいたが)
相変わらず管理組合の理事さん達が非常にポジティブで、
とても具体的な事例や地道で着実な取り組みをされていることがよくわかった。

区内のマンション管理組合の中でも一番管理費が安い方なのに
なぜ何とか健全な運営が可能なのか、
(駐車場が全戸分 機械式でなくて平置きタイプだからなのですが)
隣のマンションより なぜ資産価値の査定でマイナスポイントがあるのか
(自転車の置き方、整理がよくない、ということなんですが)
そのために具体的に管理組合は何をしていて、
住民である我々はどういう意識を持って
具体的に何をすればよいのか
とても納得のいく説明だった。

所詮 ポジティブな2割の住民のコミュニケーションに過ぎないのが気になる。

2:6:2の法則というのは、
上位20%の人が、所属する組織の方向性をつくり、他をリードする
中位60%の人は、方針に従い、可もなく不可もなく
下位20%の人は、静観、ネガティブか、8割にぶらさがっている

2:6:2の法則は この管理組合の総会の出席者の数字で
とても明確に実感できるのだが、
組織というもの、子供のころから今所属している組織に至るまで
必ずと言っていいほど 当てはまる経験則だ。

蟻や蜂など 自然界でもそうらしい。

それに2、6、2 それぞれの中で また2:6:2が起こっていいて
そしてまた その2割6割2割の中で 2:6:2になっているので
そう明確に別れるものでもない。

だって 自分自身 そしてたいていの個人が
2割のポジティブ思考、向上心ややる気、2割のマイナス思考、やる気無し、
どちらにも流される6割という、深層心理の法則でもあるからだと思う。

だれだって本当は やる気のないネガティブな2割にはなりたくないはずだし
そこにいたい、とかいるとは思いたくない。
ある面では 上の2で ある面では6 このことだけは下の2ってこともある。

が、結局何事に置いても リーダーとなる2割の人たちは
6割のグループに仕掛けを考えるのではなくて
下の2割に何らか働きかけることで、成果を出して行くんだろう。

実は、このバランスが取れている組織が、
うまく機能している組織である、という証拠でもあるのだろうから、
ある意味健全な状態なんだと思えて来た。

この数字のバランスが崩れた時が
その組織の本当の危険信号かもしれない。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幸せを運ぶデザイン

Dscf8824

朝、NHK「課外授業 ようこそ先輩」を見た。
幸せを運ぶデザイン」というテーマで 先生は深澤直人氏だった。

Without Thought の小学生版だ。

観察とブレインストーミング、ラピットプロトタイピングの実践。
まさに生活のためのデザインのワークショップ。

大人でもデザイナーでも
子供達の純粋で ストレートな感性と表現にやはり刺激されます。

この番組は、再放送もしてます。
再放送日:
10月22日(月)午前0:00〜0:29(NHK教育テレビ)
(明日、21日、日曜日の深夜ということです)
10月25日(木)午前3:15〜3:44(NHK BS-2)

お見逃しなく。

先週末の「情熱大陸」佐藤卓さんの回
平日の深夜に録画で見て、それなりに面白かったけど
こちらのほうが、インパクトは大きかった。

もともと この「課外授業 ようこそ先輩」は
大好きな番組なんですが、
来週のコバケン「心を動かす贈り物」も凄い楽しみだ。
MLB放送の場合は中止らしいけど・・・。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

街灯フラッグ

Dscf8819

恒例の青山芸術祭がはじまった。
DESIGN AWARD 2007の入選作のフラッグが
私の朝の通勤路、みゆき通りにも展示されている。
今年のテーマは男と女。
ウイットにとんだグラフィックが街を彩り
朝から楽しませてくれる。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンテナンス

Dscf8817

週末に自宅のメンテナンスをしたおかげで
今日は大腿の内側が筋肉痛だ。
エスカレーターを階段代わりに歩くのもつらい。

新築で入居して10年を越すマンション。
トイレとキッチンの床のワックスをクリーナーで剥がして洗浄、
再びコーティングをしたおかげで、見違える程 床が明るくなった。
その代償だ。

また、購入後4年を経過したHDDレコーダーが
CATVなのにアナログの周波数の高いチャンネル(12ch→10ch→8ch)だけに
スノーノイズが増加して、録画しても視聴できない状態になってしまった。
フリーダイヤルでCATV会社の技術者と話をして要因の可能性を聞いて、
原因特定のためAVラックの背面に回り込んでケーブルを交換したり、
テレビコンセントか付け替えてみたりと様々なトライをしながら
画面の写りを覗き込んではチェックしてみた。
それも影響しているかもしれない。

結局、ブースターをかませば解決するとは思うが
レコーダーのチューナーの劣化が著しくて結局はレコーダーの寿命らしい。
酷使したつもりはないが、時々メンテナンスをした、ということもない。
秋の新ドラマがたくさんスタートして、
これから年末にかけて 大活躍してもらわないと困るのだが・・・
週末にカタログを眺めてみると
この4年間のHDDレコーダーの進化と価格の下落は凄まじく、悩ましい。
テレビは20年近くもったのに、
以前、Hi8Videoカメラ、Hi8ビデオデッキ、VHSレコーダーも
それぞれ4〜5年程度でメカ系がいかれたので、記録系のハードの寿命は短いとの教訓から、
最新最高機種よりも発売後1年程度のこなれた機能でお得な価格
シンプルなデザインの名機、というのがベストチョイスとしている。

う〜〜ん、そうはいってもムヅカしいよね。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月14日 (日)

つくり方

Dscf8808

ABCやTUTAYAミッドタウン店では、
「佐藤可士和の超整理術」という本がベストセラーの1位だったりする。
(amazoneで今日は55位だ)
多分、出版社のネームバリューと時代の寵児から
そのHow toを学びたいという期待から手に取る人が多いのだろう。
天の邪鬼の私は、その陰に隠れた
「SAMURAI佐藤可士和のつくり方」 (佐藤 悦子 (著)  誠文堂新光社)を手にした。
博報堂で社内結婚した佐藤可士和夫人にして辣腕マネージャー、テレビでその姿をちら見して天才クリエーターの蔭にこのような存在がいたのか、と気になっていた。

佐藤可士和氏が以前「プロフェッショナル 仕事の流儀」で
「どうしておもしろいと思うんだろうってことを、とことん突き詰めて考え」
「それをうまく並べ替えると、
 なるほどこういうロジックでおもしろいと感じるのか、ということを整理して」
「ピッカピカにコンセプトを磨いて」
「際立った表現でメッセージを伝える」ということを言っていたのが
ものすごく印象に残っていた。

この本、さらさらとすぐに読めてしまうが
「問題を明確にして、それを解決するデザインをする」
佐藤可士和氏のアクティビティを
ビジネスの視点で非常にわかりやすく、客観的に解説した良書だと思った。

社会人としての常識やら、議事録はメールベースでとか
特別に目新しい手法ではないにしろ、
マネージャーとして、クリエーターの才能を如何なく発揮するために
リスクとリターンの予見を調整していく下りは
ご自身の明確なビジョンとモチベーションとともに
なかなかに見事です。

デザインをマネージメントする、
デザインを経営する
ということを現場と実例で示しながら
まさに、個人をブランディングすることで
組織をブランディングし、
結局は可能性を大きく広げられるということを
あらためて認識させてくれた。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白線を横切る子猫

Dscf8805

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

ジオラマ

Dscf8797

東京ミッドタウンのアトリウムに登場した
某家電メーカーのエコキャンペーン用の巨大ジオラマ。
わずか1週間の展示だそうです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Water

Dscf8792

21_21 で開催されている第2回企画展 water を見て来た。

第1回企画展の「チョコレート」がちょっと期待はずれだっただけに
今回はあまり期待をせず、仕事と仕事の合間に出の駆け足で。

写真は外からも気になるこの展覧会のビジュアルシンボル、
水色の傘のオブジェ、
実はビルの2階分くらいの大きさです。

駆け足ではもったいないほど、面白かった。
takramの「ふるまい」 12皿
原 研哉の「鹿威し(ししおどし)」
この二つだけでも十分に驚き、感心し、
説明員の女性、たまたま同時に見ていた女性達と
思わず会話が生まれる時間を過ごす程 楽しめた。

作品を眺める ということだけでなく、
水の持つ本質的な性質とモノとの関係性を
偶発的な現象で実感できるインタラクションとしての展示や
まさに「五感」に「デザインで訴える」試みとしての実験にふさわしい、
新しい視点を提供してくれている。

もうひとつ、見えない水という視点での展示。
「見えない水の券売機」(ネタバレになるので詳細は省略)など
こちらも表現という意味では 、水を水そのものでなくとも
現実として実感させる手法として興味深い。

ちゃんと そこここにウイットもたくさんあって。

会期が長いから、近くだからいつでもいける
といって 安心していてはいけない、
ということを少しは学習した結果、
短い時間もとても有効に過ごせた。

Dscf8789

Dscf8793
この傘、制作した会社名を見て親近感が沸いた。
昨年末から春にかけて、ショールームのジオラマの仕事で新百合ケ丘の製作現場に何度も訪ねたあの会社だったのだ。
あそこであの人たちが作ったんだ、というだけで感慨深い。多分、また見えないところまで凝ってんだろうななあ。でも近づけなくて残念。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンファレンス

Dscf8800

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH
10月31日〜11月4日
デザインの街「東京ミッドタウン」で行う、初のデザインイベント。

インテリアやグラフィック、プロダクトはもちろん、ミュージックなど
文化を形づくる全てのものを「デザイン」として提案します。
生活をより楽しく、豊かに するために「デザイン」があるという考えのもと、
ミッドタウンホールでのデザインプロダクツの展示や、ショップ&レストランである
ガレリアのインテリアや フードの共演、カンファレンスでの多彩なセミナーの開催、
アトリウムにおけるミュージックライブまで、
世界のグッドデザインやパフォーマンスに触れなが ら、
デザインが作り出す新たなムーブメントを体感してください。

DESIGN TOUCH Conference
世界と日本の多彩なトップクリエイターたちによる講演や、
身近なモノ・コトをその場で実際にデザインする無料体験セミナー(一部有料)が、
連日多数開催さ れます。
デザインを学び、感性で楽しみ、ニュースで刺激的なコミュニケーションに触れる
絶好のチャンスです。ぜひこの機会にご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

想像力と表現力

Dscf8764

今日は、本当はアモルファス合奏団の演奏会を聴きに行く予定だった。
金曜日の夜の時点で諦めざるをない状況になった。
すみません、朝から脳みそに汗かいたけど、
開演時間には間に合いませんでした。
1年に一度なのに、今年も行けず申し訳ありません・・。

あきらめが肝心、と、日が暮れたので
疲れ切った脳を癒しにAXISギャラリーへ。

写真家でありピアニストであった
アンセルアダムス大先生のお言葉
「ネガは楽譜でありプリンティングは演奏である。」

今年も行きました
Filmを次の世代に残すために。
「ゼラチンシルバーセッション2007」

昨年は4人で互いにプリントし合い
まさにJazzセッション(私の経験からすると弦楽四重奏)
新鮮で楽しかったあ。
そうだ、その日は写真展のあと、後輩達の演奏会を聴きにいった。
刺激的で充実した一日だった記憶が蘇る。

今年は16人64点。
見応えがあります。写真、楽しめます。新鮮です。
あなたがこうくるなら、私はこうします、
というお互いの持ち味と相手の持ち味の刺激による相乗効果、
こういうのは結果である写真から
そのプロセスを読み取る想像力が脳みそを刺激してくれて
ニコニコ出来ます。
疲れた頭も元気が出る。

カラー写真の情報量より、
モノクロ写真の方が圧倒的に情報量が多いんじゃないか。
上田さんX三好さんのセッションを見ていると
どんどん近寄ってしまって
その空気感まで手づかみできそうな錯覚に陥る。
地デジの鮮明な画像を見ていて 液晶画面まで近寄ると
圧縮歪みが見えてしまって
デジタルのバーチャル感にがっかりしてしまうのと全く逆な、
どこまで追求できそうな粒子感がゼラチンシルバーの
深みのある魅力なのかもしれない。

夜、NHKのハイビジョン特集
「強く強く バイオリニスト神尾真由子」を見た。
彼女の語録も面白かった。
中でも私が秀逸だと思ったのが
「考えても思いつかない。想像力がないと」
21歳でこの自覚がすごいね。

はい、想像力と表現力の関係
音楽に例えるとわかりやすいが
どんなことにも当てはまると思う。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

夕焼けは明日につなぐ色

Dscf8759

日曜の夕方、明日からまた仕事かあ,と憂鬱になるのが
サザエさん症候群。
こうハッピーマンデーの三連休が続くと
スマスマ症候群とでもいうのか。

今日の夕焼け、美しかったけど
明日は午後から大荒れの天気だそうだ。

未来に繋げないといけないからなあ、などと
単に能力不足だけか、自分勝手な責任感なのか、
今日もウルルン見ながら
明日のことをいろいろ考えてしまうのでした。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べられるCM

Dscf8750

ミルクチョコレートのCMがミルクチョコレートになりました

香取慎吾のミルクチョコレートのCM
毎回その凝った創りに気にはなっていたが、
そのCMをレリーフにしたチョコを発売する、なんていうのでさらに気になっていた。
毎週スーパーに行くたびに、お菓子売り場を気にしていたら やっと発見。
家族全員が揃った夕食後にみんなでオープン!
私はロケットのシーン、長女はパッケージと中味が一緒だった!
Dscf8749_3

次女はオープニングシーン







Dscf8752_2 妻は なんと"Meiji"のロゴだけ。
最後の場面ね。
あたりなのかはずれなのか。






全部で14種類。
実は、ノーマルサイズに1シーンごとレリーフされていると思っていたので
1個に8枚入りと小振りでちょっと残念。
全部のシーンにはお目にかかりやすくなってるし、
私はこれだった、とかデフォルメの具合とか
はい,家族で十分に楽しみました。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

秋探し

Dscf8731Dscf8732

Dscf8744

空も、目線の前の葉っぱも、地面も
着実に秋なんだな。
毎日、時間に追われてオフィスで過ごす日々から
ふと自宅の周囲をゆっくり歩いてみるだけで新鮮な発見がたくさんある。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランチ

Dscf8722

妻が仕事や用事でいない土曜日、しばしば子供達とのランチは私の役目。
今日は長女も文化祭のための練習で学校へ。次女と二人。
何が食べたい?ときいても いつものように何でもいいよ、の返事。

ということで、冷蔵庫と引出しを覗いて、コンビーフと野菜のパスタに決定。
駅前に新しくスーパーがオープンした時に目玉商品として山積みだったのを
そのラテン的なパッケージの雰囲気も面白くて買ってストックしてあった
ブラジル産100%ビーフのコンビーフの缶詰を使ってみることにした。

レシピ無し、あるものを材料に毎回が出来上がりをだいたいでイメージしながらの
ラピッとプロトタイプ状態。
日常的に自分自身が非常に夕食が貧弱なので家にいる日は野菜をとりたい。
子供のことも考えてピーマン、にんじんを小さく切り、
パスタも1.4mmの細めで、具が絡みやすくする。
日本製の馬肉の混じったニューコンビーフは
一人暮らしのときよくお世話になったが、
このLibby社のコンビーフは初体験だ。
味もわからないし、牛脂の量も気になる。

なんとか、カタチになって、いよいよランチ。
次女は 文句も言わずに具沢山で結構な量のパスタを平らげてくれた。
牛脂の量は思った程多くなく、結構 味が濃いめのコンビーフだったが
よく炒めたタマネギの甘さと絡まって それなりに仕上がったようだ。

ラピットプロトは、改良を重ねながら
料理としてクオリティをあげていくんだろうが、
B級グルメを再現する次の機会は遠い未来にあるかないかなので
これは一期一会のランチなんだな。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

秋の気配

Dscf8714_2  

朝、いつものなら駅からバスに乗るところを
久々なので 朝日を浴びながら歩いてみることにした。
半分雲に隠れた富士の頂きにまだ雪はない。

見晴らしのよい田園風景が広がる道沿いは
彼岸花と穂を垂れた稲の黄緑のコントラストがまぶしい。
すでに稲刈りを終えた田もある。
すっかり秋の気配だ。

10月は 会社にとっても新学期の始まりだ。
新たな役割分担の中で 
新たにバトンを渡した人に大きな信頼を託して
応援をしていくことになる。

枠組みが抜本的に大きく変化する中で
それぞれの役割も期待も そして成果も
認識を新たにして精力的に取り組んで行こう
そう思いながら 青空の下をひさびさにのんびり歩いた朝だった。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »