« 寒さ本番 | トップページ | 木枯らし1号!? »

2007年11月17日 (土)

小さな恋のメロディ

Dscf9283

Dscf9284 14日の夜、NHK BS2で「小さな恋のメロディ」を放送していたので、録画しておいた。

今日、家族で見た。
高1の長女は 本で読んであらすじは知っているというが、映画で見るのは初めてのようだ。
写真は、妻が中1の頃、
リバイバルで見た時に買ったパンフレット。
ほとんどがモノクロで昭和51年、200円とある。

Dscf9285_4 納戸の奥の映画パンフ保管コーナーから掘り出して来た。次女は、古い本の匂いがすると言った。
私は小学校5年のとき、名古屋の伏見にあったミリオン座に徒歩で姉と見に行ったんだな、確か。
当時は レンタルビデオなんてもんはないんで 何回か再上映も見に行った。
すぐ近くの名宝シネマだったかなあ・・。

レーザーディスクを買おうとしたこともあったが、売っていなくて、今日、多分35年ぶりに見た。
そして驚く程 ディティールを覚えてることにさらに驚く。

オープニングの In the moroning の音楽とともに
ロンドンの街並が映し出されたただけで、ワクワクして来た。
Melody Fairの流れる金魚のシーンは この映画のまさに白眉ですな。
ラヴ・サムバディがながれる 運動会のシーンも 
子供達の自然な表情がさらに生き生きして印象的だ。
音楽の歌詞が全面にでて来て、役者の台詞の音声がないシーンなど
映像とともにビージーズの音楽の果たす役割の大きかったことに
あらためて実感した。
っていうか、ビージーズのプロモーション映画といってもいいくらいだ。
英語もわかりやすいんで、ほとんど口ずさめるんだな、これが。

当時はこの映画で主役を演じた
トレーシーハイドにマークレスターはアイドルとして大ブレークだった。
昨年ジャック・ワイルドの訃報を知ったとき、
なんだか凄い時の流れを感じたが、
画面の中での3人は35年前のピュアな時代にタイムスリップだ。

この歳になってみると、内容や台詞が 強烈な大人社会への風刺だったんだ
とあらためて思う。
ウルトラセブンを大人なってから見る方が十倍面白くてえ 味わい深いような感じだ。

トロッコに乗っていって二人は・・
その先どうなかったは、まあ、見た人の想像にゆだねられたわけだが、
それを語り合うとその人の人生観がわかる、とか言われてます。

まあ、小5のガキにはすげーインパクトだった訳です。
すくなくとも 当時は「退屈な大人」にはならねーぞ、
っと思っていたはずだが。

随分と擦れてしまいましたあ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

|

« 寒さ本番 | トップページ | 木枯らし1号!? »

コメント

そうですね、子供の頃 
未来はとっても未知で
なんでもありだと思えた。

夢がたくさんあった。

今の子供達も そうであって欲しい。

投稿: kojicozy | 2007年11月18日 (日) 10時02分

中学時代のころ、純でしたなー。
今でも、ラストシーンの冒険シーンすてきだと思う。
何も後のことは思わず見てましたね、私、ただ夢のようなシーンだった。(トロッコのシーン)

投稿: ひとみちゃん | 2007年11月17日 (土) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/17100640

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな恋のメロディ:

« 寒さ本番 | トップページ | 木枯らし1号!? »