« 初詣 | トップページ | のだめinヨーロッパ »

2008年1月 3日 (木)

2008年これがニッポンの問題だ!

Dscf9734

「プロフェッシュナル仕事の流儀 イチロースペシャル」も興味深かったが、
その後の番組「爆笑問題のニッポンの教養」新年会スペシャル2008
これも面白かった。
長女と一緒につい最後まで見入ってしまった。

過去にこの番組に出演した異分野の個性的な教授がテーマを持ち寄り、スタジオセットじゃなくて、ほんとの居酒屋(ニッポンにこだわってる訳で、酒飲みながら顔を赤くして)太田光の鋭い突っ込みを交えながらぶっちゃけトークで四方山話をするというも。
台本も本当に無かったらしい。

実は私はこの番組、1回目の中沢新一氏の回と井田茂氏の2回しか見たことが無い。興味はあるんだけど予約録画し忘れちゃうんです。だから,今回の出演者はよく知らない人ばかりだったが、俄然興味を持った。

何よりこれだけの教授連中が寄り集まって、ワイワイガヤガヤと話し合ってること事態が明らかに凄い企画なんだと私は思う。

一方で、佐藤勝彦教授(宇宙物理学・東京大学)の「数式や物理法則は神様のようなもの」発言の背景には「適切な実験観察の結果は客観的に正しい答えしか出ない」という前提があるのだが、野矢茂樹教授が(分析哲学・東京大学)が「そもそもそういう前提が疑わしい」という考えなので、双方の話はまったくかみ合わないというか、実は会話が成り立っていないともいえた。議論として対立したりまとまったりもせずに、結果的にひたすら平行線をたどっているのであった。

野矢教授が、無駄や無意味なことの意味性、面白さとは、みたいな話にふって
「無駄だと思っていることも長い目で見れば役に立つよね」とか「無駄なものの価値をわかってくれ」みたいなことも言っていながら、「じゃあ、とことん無駄な価値とはなんですか?」と聞かれ、「価値を言うと無駄じゃなくなるから、難しいんだよなあ」「無駄を収容する力っていうのは基本的には文化なんだ」と言ったあと、 浅島誠教授に (発生生物学・東京大学)「自然」てのは、無駄だらけでしょ、 とふって、一方で自然に無駄なんてないってことも言えるけど、自然っていうのは本当に圧倒的に多くの無駄を収容しているんじゃないかとか・・・、
もう居酒屋トークだからゆるゆるしてて好いんですけど、野矢教授の哲学が科学を口数で圧倒してました。

そんな中で、一人クールな福岡伸一教授(分子生物学・青山学院大学)因果関係と相関関係は違う」という指摘や、「世界に部分はない。すべては関連している」「「納得した人だけ受け入れられる。効率をどのくらいの時間軸に置けるかだと思う。」といった発言は全体の中でスパイスが利いていました。

斎藤環 (精神医学・佐々木病院)の「希望も不安も絶望も、精神医学的にはすべて「症状」として一括りにできるんですよ。ないもの(未来)に対して抱く観念ということで、すべて同じもの」「成果主義に突き進み、型にはまったことしかできない現状を作った大人が、
子供に何を期待するのか? 「未来への希望がない」「将来なんて」「日本の政治なんて」と
すでに見越しているような子供達、次世代を、どう育成するのか? 子供達にどうやって希望のある未来を思い描かせるのか。」という下りも考えさせられました。
なにせ、好奇心旺盛なおじさんばかりのトークだから、まったく視点が違うんですよね。
「科学の進歩は幸せを作るか」「悪用出来るような技術でないと、技術として意味ねー。」って話とつながるようで、つながらない、モヤモヤ感の残る場面でした。

自分的には日の出や夕陽の美しさを眺めたり、木々の変化を観察したり、
美しい方程式を解いていく数学を学んだり、
素晴らしき文章を読んで感動したり、元気になることって
とっても楽しいことだし 元気が出ることだと思うんですけど。
だから「なんて」なんて思わないように その楽しさを次世代に伝える
そういう機会を作るのが我々の役目でもあると思うのです。

 

テレビ番組としてのエンターテイメント性も求められるだろうし、いろんな意味で限界はあるが、こういうことが社会の中で当たり前に行われるようになることを次に目指そうよ、って視聴者が思えればとてもいいじゃないのかと。。

それぞれの専門の学才や知識を持ち寄ってその先の 「こうしたい」という目標や意志の共有化が醸成が出来ればいい世の中になると思うのですよ。
それに加えて、この男ばっかりの理屈や体面にへつらったトークじゃなくて、 太田光がいい突っ込みをして参加者も共感していたように「花より団子」の女性的感 性が取り込めるといいんじゃね?って話もその通りと思った。

正月用のスペシャル番組ではあったが最近特に思う「恐るべしNHK」の力量を思い知らされる、質の良い番組だと思います。

|

« 初詣 | トップページ | のだめinヨーロッパ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/17584067

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年これがニッポンの問題だ!:

« 初詣 | トップページ | のだめinヨーロッパ »