« 村上開新堂 | トップページ | ネット世界13年目 »

2008年1月27日 (日)

飛行機雲

Dscf9893

羽田から飛び立った飛行機がいく筋も雲を描いていてる。
飛行機雲がすぐに消える時は、上空の湿度が低いので晴れる、
長々と尾を引き、広がったり、消えない時は天候は悪くなる、
というのが定説。
が、、尾を引いて広がるもの、とぎれとぎれですぐ消えるもの
今日は バリエーションがあります。

飛行機の巡航高度は1万mくらい、
日本の上空に寒気が入りまして、という高度は5000mくらい。
ということで、羽田を飛び立ち、横浜上空でグングン上昇しているところで
上空の寒気を突き抜けながらこの飛行機雲が出来ているんでしょうな。

と、飛行機雲を眺めながらも、いろんなことに考えが巡ります。

今日の夕焼けは、東の空までオレンジから赤紫のグラデーションに染まっていました。

明日も快晴なのでしょう。また、冷え込みそうです。

こういう、自然の観察とその現象が起こる要因と次ぎに起こることの
因果関係を考察することと
デザイナーが人の行動を観察し、そこで起こっていることの背景を考え
表現に落としていくことは、実は同じことだと考えています。

このブログ散歩日和は 
それを日常的に楽しみながらの私の訓練と蓄積でもあります。

|

« 村上開新堂 | トップページ | ネット世界13年目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/17862010

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機雲:

« 村上開新堂 | トップページ | ネット世界13年目 »