« 春うらら | トップページ | 寒緋桜 »

2008年3月16日 (日)

おいしい春の風物詩

Dscf0360
今年も知多半島の親戚から「こうなごの釘煮」が届いた。

瀬戸内海の明石では「いかなごの釘煮」として有名。
知多半島ではこうなご(小女子)と呼ぶ、ことは昨年のこのブログにも書いた。

いわゆる佃煮だが、
この時期、小女子漁が解禁になる。
市場に水揚げされたばかりの新鮮な小女子を8kgも買ってきて
2kgずつ4回に分けてじっくり炊き上げてくれたのだ。
家中に甘くて香ばしい香りが数日立ち込めて大変だったそうだが、
皆が毎年おいしい、おいしい と言ってくれるので
それを励みについがんばっちゃうんだそうだ。
ありがたいことです。

贈り主は「箸休め」だから、と謙遜するが、
週末に我が家では 家族みんなで、あったかい白いご飯にたくさんのっけて、
主食のように贅沢にたっぷりいただいた。
ご飯がいくらでも食べられます。
それほど、塩梅がよくおいしいのです。カルシウムたっぷり摂取。

|

« 春うらら | トップページ | 寒緋桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/40541253

この記事へのトラックバック一覧です: おいしい春の風物詩:

« 春うらら | トップページ | 寒緋桜 »