« | トップページ | 雑木林の木にもひとつひとつ名前がある »

2008年5月18日 (日)

種と実と豆

Dscf1010

ふと公園の木々に目をこらすと、ついこの間まで華やかな花を咲かせ、その後、新緑の芽吹きがまぶしかったその葉の間に、赤いものを見つけた。
上の画像は、楓(かえで)の種だ。小さな赤い花を咲かせた後、このような赤い竹とんぼにような実がなる。
小さな赤い竹とんぼが、緑の中にたくさんある様子はなかなか面白い風景です。

Dscf1005

そしてよく目を凝らして見ると、桜の木にも真っ赤なサクランボが。
鳥にもう食べられてしまったのか、小さなものがわずかしか残っていなかった。

Dscf1038

梅林ではしっかり小梅が青から赤に変わろうとしていた。
梅雨が近いぞ・・・。

Dscf1012

我が家では昨夜 そら豆を焼いて食べました。
おいしかったあ。

豆というのは マメ科植物の食用になるもの総称だそうです。
豆も実のうちのひとつ。
実というのは花が受粉して種を含む構造に発育したもの。
まあ,結局子孫をの残すための仕組みと自然界の美しいカタチです。

|

« | トップページ | 雑木林の木にもひとつひとつ名前がある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/41246349

この記事へのトラックバック一覧です: 種と実と豆:

« | トップページ | 雑木林の木にもひとつひとつ名前がある »