« こどもの日 | トップページ | カラリ! »

2008年5月 6日 (火)

iMacG5不調

Dscf0906

ちょうど2年前の4月下旬からiMacG5が不調になり、GWに裏ブタ開けて確認をしたら、 コンデンサーが1個爆裂していたので、緊急入院した。リペアエクステンションプログラム(初期型iMacG5のリコール)の対象シリアル番号のど真ん中であったが、リコール対象とはならず、ハード的な原因ということでロジックボード交換で戻ってきた。それで熱対策の根本的 解決になるのだろうかという疑問を持ちつつも2年が経過。また先月末から、スリープ状態から立ち上げようとすると そのまま落ちるという現象が起こるようになった。
2005年1月、我が家にiMacG5が来て以来、平 日はほとんど常時ON状態で家族がかわるがわるログイン、使用後は常にスリープにしていたので、 熱が滞留、高温にさらされている時間が長くて徐々にと電源ユニットが劣化して来ているのかもしれない、と推察している。春から初夏の陽気となり、外気温とともに室温も上昇して放熱し難くなって来ているのかもしれない。
推察したところで何も解決はしないので、スリープせず、毎回終了してその場をしのいでいる状態。今朝も次女が使った後、スリープにし、しばらくして私が使おうとしたら電源が落ちてた。スイッチを入れても立ち上がらない・・・。「トラブルシューティングー電源が入らない」に沿って、背面カバーを開けて診断用LEDをチェックした。とりあえず、ロジックボードも電源ユニットも異常なし。何事も無かったように起動する。

初代iMacからの歴史を振り返ってみても、2004年発売のiMacG5のデザインは秀逸だと思う。
まだ4年目、まだまだ頑張って欲しいのです。

|

« こどもの日 | トップページ | カラリ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/41098423

この記事へのトラックバック一覧です: iMacG5不調:

« こどもの日 | トップページ | カラリ! »