« 日没 | トップページ | 鳥の巣 »

2008年7月29日 (火)

MUJI 新宿

Dscf1662 Dscf1665
Dscf1683

Dscf1668 Dscf1675
Dscf1677

同じ新宿三丁目駅徒歩1分でも、新宿通りに面した 無印良品 新宿店ではない。
7月26日にオープンした東京ミッドタウン店に続く世界ブランド MUJI の新しい旗艦店である。渋谷から副都心線の急行に乗ってしまえば、わずか5分で新宿三丁目駅だ。ホームにも改札にも目指す新宿ピカデリーの表示案内がまだない。新宿三丁目交差点の交番に掲げてある地図にテプラで付けたばかりの表示を見つけた。「MUJI 新宿」は、靖国通りに面した新宿ピカデリーというシネコンの地下2階から2階までの4層を占めていた。有楽町のように元宝塚劇場をリノベーションしただだっ広くて天井の高い2フロア形式や 東京ミッドタウンのように開放的でショールームのような佇まいとは異なる、新しい空間だった。4層がスキップフロアのようになっているので、界隈を巡るような感覚で変化があって楽しい。店内は大型店舗限定ブランドの衣料品「MUJI LABO」や家具「REAL FURNITURE」をはじめ、「MUJI LEG」という靴下や靴といった足回り商品を集めたコーナーも初登場していた。なんといっても地下の「Cafe&Meal MUJI」はワイングラスのシャンデリアをシンボルに、ナチュラル感を強調した無垢の木だけの内装と家具が非常に落ち着いた雰囲気を醸し出していて、心地よかった。

どちらかと言えば猥雑な街である新宿の中にあって、非常に端正な外観のシネコンとともに、新しいMUJIの発信基地としてシンプルで開放的、近付き難い高級感ではない親しみやすさもある、新しい無印を感じる店舗デザインだ。
狙いである、卒業”した30代以上の無印ファンの呼び戻しに繋がるのか!?
大人になって「高くても良いものがいい」と考えるようになって離れたファンを呼び戻す作戦のようだ。伊勢丹お買い物したついでに30代、40代の男女を立ち寄らせることができるだろうか・・。
ここでしか買えないものも揃えるらしいので、しばし、注目してみよう。

|

« 日没 | トップページ | 鳥の巣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/42008676

この記事へのトラックバック一覧です: MUJI 新宿:

« 日没 | トップページ | 鳥の巣 »