« 日本人 | トップページ | 蝉の初鳴き »

2008年7月 4日 (金)

陽性の梅雨

Dscf1419

朝 5時30分に雷が近くに落ちて目が覚めた。
土砂降りだ。
7時過ぎ、家を出る頃には雨はやんでいた。
会社に着くと、都心はすでに青空が広がっていた。
夕方、都心から見た埼玉方面に入道雲が夕日に照らされていた。
夜、帰宅する頃でも外は蒸し暑く、青山でも潮の香りが漂っていた。
都心部の高温状態が夜半まで維持されるために起こる海風の流入現象だろう。
これがずっと奥地まで入って湿った冷たい空気が上昇、雲になって・・
とう都心のゲリラ豪雨のメカニズムの一旦なのかな、とはちょっと考え過ぎか。

今年の梅雨は陽性だ。

こういう天気のときは梅雨明けも明快だろう。

2005年の梅雨は6月からダムが渇水するほどの猛暑で、7月に一転豪雨と肌寒い日が続いた。記憶に残っているのは、この年の6月、炎天下の愛知万博会場の印象が強かったから。で翌2006年も6月も東京で38度と記録するほどの猛暑だったが、7月になって大雨が降った。昨年は梅雨入りが6月22日、梅雨明けが8月1日という後ろによっていたのが印象的だ。今年は梅雨らしい梅雨だとおもうので、関東地方も平年並の海の日あたりには梅雨明けすると思うのだが。 当たるかなあ。

|

« 日本人 | トップページ | 蝉の初鳴き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/41742369

この記事へのトラックバック一覧です: 陽性の梅雨:

« 日本人 | トップページ | 蝉の初鳴き »