« 東京はガラガラ | トップページ | スポーツ中継とドラマの演出 »

2008年8月14日 (木)

変化と成長

Dscf1705

昼休みに研究所から少し離れた開発センターまで、あぜ道を歩く。

パキッ!とクリアな視界と強い日射しは立秋をすぎたものの、夏そのものだ。
田んぼの稲に近寄ってみるともう穂が着いて実っているのかと思ったら
花が咲いている(いた)ようだ。
              稲の花といっても花びらがなくて、花の外側を包む2枚の”えい”(いわゆる「もみ」)がありその中に1本の雌しべと6本の雄しべがあるそうだ。
              稲の花は暑いときの昼間、1時間くらいしか開いていないそうなので、なかなか見ることが出来ないんですよ。

あんまり暑いのと、午後からの打ち合わせに間に合わないので、撮影もそここそに。
直射日光の下、デジカメの画像確認もうまく出来なかったので、ちょっと解りにくいですね。

このあと、開発センターに到着したときには、汗がダラダラと滴り落ちた。
夏休み中に床と壁を改装した社員食堂でアイスコーヒーをいただく。
実は、改装の床材、壁材、壁色、什器などを指示、コーディネートしたのはこの私です。
その現場の仕上がりを確かめるのが目的だった。
夏休み中に全部の工事を終えることが出来なかったが、見違えるように明るくなった社員食堂で、技術者達が明るい笑顔で歓談している様子を見ていたら疲れは吹き飛んだのでした。

|

« 東京はガラガラ | トップページ | スポーツ中継とドラマの演出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/42192177

この記事へのトラックバック一覧です: 変化と成長:

« 東京はガラガラ | トップページ | スポーツ中継とドラマの演出 »