« 察知力 | トップページ | お昼の散歩 »

2008年10月19日 (日)

蟋蟀戸にあり

Dscf2326

近所の里山で。
晩夏に紫の可憐な花を咲かせていた「つりがねにんじん」もそろそろおしまい。

Dscf2330

桜は、もうすっかり葉を落とした木もあり、緑道は赤い落ち葉が吹き溜まっている。

Dscf2320

里山の森の中、足下にはブナ科のいろんな形の実が転がってる。
クヌギ、カシ、ナラ、カシワ、シイ・・・。
でも、どれも同じような形をしてよく区別がつかないから「ドングリの背比べ」。

なるほどねえ。

Dscf2321

先週13日の「菊花開く」に続き、
昨日は「コオロギが戸の近くでなき始める日」だ。
(古代中国で考案された自然を観察して季節を表す短文集とした七十二候に 「蟋蟀戸にあり」とある)

秋もそろそろ本番である。
10月末〜11月初旬にかけてはデザインイベントが目白押し。

そうこうしているうちに11月7日は二十四節気の「立冬」
11月12日の七十二候は「地始めて凍る」。

あっという間に冬なのである・・・。

|

« 察知力 | トップページ | お昼の散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/42838716

この記事へのトラックバック一覧です: 蟋蟀戸にあり:

« 察知力 | トップページ | お昼の散歩 »