« 11月17日公開 | トップページ | MUJIの挑戦 »

2008年11月12日 (水)

Macのブランド戦略!?

Dscf2688

東急新渋谷駅の開業を目指して、東急文化会館跡地の再開発が本格化したようだ。
現在の東急東横線渋谷駅の改札口を出て右に曲がると、以前あった東急文化会館に直接いけるように明治通りをまたぐ通路がある。その先の銀座線と平行に走る道路が1ヶ月ほど前 廃道になった。
車両の通行が不可になるとともに、周囲の飲食店は一斉に閉店。
この1週間でビルの周囲には取り壊しの囲いが次々できているのに、元マクドナルドのあったところだけ 11月に突然 赤と黒のグレード感ある新店舗がオープンした。

廃墟のような周囲からは完全に浮いているのでとても目立つ。

Dscf2702

「ニッポンのハンバーガーよ、もう遊びは終わりだ」
と挑発的なメッセージで赤と黒の目立つ派手な広告も東急東横線渋谷駅に登場。
アメリカから「QUARTER  POUNDER」という新しいハンバーガーブランドが上陸したかのような見せ方だ。

何だろうなあ、と調べてみたら、実はマクドナルドのアメリカメニューを日本導入するための認知度向上戦略だったのだ。
表参道と渋谷東口店のみの期間限定店舗、メニューは500円と600円のセット2つだけ。
セットの飲み物もコーラとコーラゼロとホットコーヒーのみ。
インテリアはブラックを基調にポイントカラーのレッド明快に統一されている。
エントランスにずらりとコルビジェのLC2 1Pの椅子がずらりと12脚並んでいる様は壮観だ。

客単価を上げるために原田会長お得意のブランド戦略なんでしょうか。
あざといし、とてもリピーターを囲えるとは思えないんだけど・・。

とこのように話題になっただけで十分なのか!?

|

« 11月17日公開 | トップページ | MUJIの挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/43096907

この記事へのトラックバック一覧です: Macのブランド戦略!?:

« 11月17日公開 | トップページ | MUJIの挑戦 »