« 音楽と俳句 | トップページ | 11月17日公開 »

2008年11月10日 (月)

通勤電車

Dscf2675

週末からグレーのグラデーションが続く空。
今朝も寒い。
朝、駅に行く途中のゆりに木を見上げると
一つに木が緑から赤までの葉がついていた。
急速に秋が深まり行くという感じ。

そんな感傷気分もつかのま。
このあと、まさに殺人的な通勤ラッシュに見舞われた。

今日の東急東横線は元住吉の車庫で6時過ぎにポイント故障がったとかで
すべて各駅停車になっていた。
それでも かなり混んではいたがいつもより少し遅れた程度で
電車がホームに入ってきたので乗り込んでしまった。

その後が凄い。
遅れている上、各駅からさらにヒトが乗り込む。
降りるに降りられない。
駅員さんは外から窓を開けて「乗ったら奥に詰めてください」とさらに呼びかける。
電車に人間がここまで乗れるのか !! という状態。
たぶんギネスに載るんじゃないかというくらい。
私は巨漢の男性の肩にメガネがあたって壊れそう。
みなさん、手足からだがぐにゅぐにゅにまがった
アクロバット的姿勢で耐え抜いている。

ユニバーサルとか バリアフリーとか
優先席とか、もの凄く虚しい訳です。

あちこちから「キャー・・・」「死ぬ・・・」「きつい・・・」
と声にならぬ声が起こる。
前を走る電車から急病人が出て救出中なので
しばらく停車するとのアナウンス。
それでも文句一つ言わずに、じっと超過密状態を維持する
日本人はなんと勤勉なことだろう。

目黒線で目黒に出て山手線で渋谷に向かえばよかったと後悔していた。
が、その目黒線も8時前に元住吉でポイント故障、
さらに1時間かかって渋谷に着いた頃には 
ちょうど山手線も品川駅の人身事故で止っていた。
結果的には一番早く到着したようなのだが。

健常者でも足腰が耐えきれぬ状態なのに
入場規制とか乗車規制とかで乗客の負担を少しでも軽減する
措置を考えてほしいと切に思う。

帰りも、夕方起きた人身事故で電車遅れてました。
夕方の渋谷駅はヒトが溢れて大変な状態だったらしい。

同じ東急でも田園都市線は結構頻繁にトラブルが発生し、
通常30分のところがそれこそ雑人的ラッシュで身動きが取れないまま
1時間かかるなってことが数ヶ月1回くらいある。

それに比べれば東横線のトラブルは滅多にないだけに
慣れていない分、アクシデントのダメージは大きい。

トラブルを知った時点で 遠回りでも
別ルートを使った方が結局は早い、
という過去の教訓を生かしきれなかったのが自分にとっては悔やまれる。

|

« 音楽と俳句 | トップページ | 11月17日公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/43076299

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤電車:

« 音楽と俳句 | トップページ | 11月17日公開 »