« 雨のち晴れ | トップページ | 「型」と「場」のマネジメント »

2008年11月29日 (土)

宵の明星

Dscf2846

最近 夜空を眺めたことがありますか?

夜、最寄り駅から自宅まで住宅地や緑道を歩く間、
比較的暗くて空が広いので星座で季節の移り変わりを感じている。

日付が変わる頃、
東の空にはオリオンの三ツ星がもう高く輝く季節になった。

日没は16時20分頃。
その1時間後には辺りはもう真っ暗だ。

今日、西の低い空に誰でも気づくほど明るい星が二つ、縦に並んで輝いていた。
多分宵の明星・金星と、大きさと明るさからして木星かな。

Dscf2857

ベンチの背もたれを三脚代わりにコンパクトデジカメの夜景モードで
3秒露光で撮影してみた。
ぼけてるけど、かなり明るいことはお解りいただけると思う。

調べてみたら、やはり上が金星、下が木星。
夜空で一番明るい星は月だが、2番目3番目に明るい恒星が並んでいるのだから
これは滅多にない現象だと思う。

明日の夕方の西の空には 
細い三日月もさらに低い空に並んで、
3天体が接近して輝く、たいへん美しい眺めとなるそうです。

日没後、17時過ぎに西の空を眺めてみてください。

|

« 雨のち晴れ | トップページ | 「型」と「場」のマネジメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/43265203

この記事へのトラックバック一覧です: 宵の明星:

« 雨のち晴れ | トップページ | 「型」と「場」のマネジメント »