« 二つの気になる企画展 | トップページ | 宵の明星 »

2008年11月28日 (金)

雨のち晴れ

Dscf2819
Dscf2823

組織というのは 結局 人材なんですよね。

自分でわかったようなこといいながらも
現実は非常にタイヘン。

面談ひとつ、その方が自分の言葉で語ってもらえるように
質問形式で、じっくりと時間をかけていくと
結果的にその人自身が客観的に考えるようになってくれる。

そこまでいくのがタイヘン。
そして、そこからがスタート。
スタートできれば、あとはそれなりになるようになっていく。
そうなるとお互いにハッピーになっていくケースが多いと思う。

そういう時間を取ることが実はとても重要。
でも バタバタ会議室をはしごしていたり
パソコンに向かってパタパタキーボードを打ち鳴らしていたりして
周囲が声かけにくくしているとこれも失格。

若かりし頃、自分が自分の考えを一方的にしゃべる、
しまいには説得にかかるようなタイプであった私も
いろいろ失敗やら、周囲のありがたいご指摘、ご指導やらで勉強して 
また「これは凄い、なるほど」という人物に出会いながら
随分と忍耐強く、また相手のよいところをどうやったら引き出せるのか
考え、実践できるようになってはきた。

一人一人と向き合う一方で、
会社組織なので、組織としての意見を取りまとめて
方向性を客観的に具体的な数字で示さなくてはいけない。
これまた合意形成に多大な話し合いの時間が必要だ。

これはこれ、それはそれ。

頭と体が3つくらい欲しいですな。



|

« 二つの気になる企画展 | トップページ | 宵の明星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/43261061

この記事へのトラックバック一覧です: 雨のち晴れ:

« 二つの気になる企画展 | トップページ | 宵の明星 »