« 10代限定文学新人賞 | トップページ | CO2が大幅に減る »

2009年1月31日 (土)

風邪の薬は睡眠

Dscf3359

「睡眠時間が7時間未満だと、そうでない人の3倍風邪を引きやすい」

「普段8時間眠る人が、10分から38分という「短い」時間の睡眠不足を続けただけで、なんと4倍近くも風邪にかかりやすくなる」

「睡眠と免疫系との関係は十分に立証されていますが、睡眠障害が風邪のウィルスへの人体の反応に影響を与えることについての初めての証拠」

夜更かしや寝不足が続くと風邪をひきやすくなる、というのは多くの人が体験的に実感していることだろう。これを研究した論文が発表され話題になっている。

風邪の予防には睡眠が一番、そして引いてしまったらやっぱり睡眠。

実験の内容、結果などについては以下に詳しいです。

5号館のつぶやき:睡眠が10分~40分足りないだけで4倍風邪をひきやすくなる

Medical News Japan: 睡眠不足は風邪の元

天漢日乗:睡眠時間が7時間未満だと風邪を3倍引きやすい@アメリカの研究

ARCHIVES OF INTERNAL MEDICINE
Sleep Habits and Susceptibility to the Common Cold

午後になって次女が発熱。夕方 お医者さんに連れて行き検査の結果、「インフルエンザ」と「溶連菌」が陽性。「リレンザ」が処方された。それにしても次々と患者さんがやってくる。薬局でも「リレンザ」の服用方法を個々に説明するため、相当に時間がかかる。

夜更かしして朝練で早朝に出かけていく時は居眠りしながら朝食を食べているくらいだから、寝不足の上やりたいことだらけでっも体力、免疫力がついていかなかったようだ。週末でかつ月曜日以降も中学受験のためしばらく学校がお休みなので、遊びの予定を変更してお家で休養だ。

家族は睡眠と加湿で予防です。

|

« 10代限定文学新人賞 | トップページ | CO2が大幅に減る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/43913074

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪の薬は睡眠:

« 10代限定文学新人賞 | トップページ | CO2が大幅に減る »