« ドラマのサブリミナル演出? | トップページ | 愛用のrotring »

2009年2月11日 (水)

鉄塔の立て替え その後

Dscf3457

1月18日のエントリーで「まだこんな感じ」という画像を載せた近所の鉄塔が、
見事に組み上がり、あとは電線を本来の位置に張り替える作業の直前までになっている。

先日の日曜日には、隣の隣の鉄塔の電線の作業が途中だったので、
その画像を撮っておいた。
滑車を上方に取り付けて、ケーブルで新しい位置に引っ張り上げる。

Dscf3427

Dscf3441_2
全景はこんな感じ。
夕方とか曇っている方が、電線がはっきり写る。
鉄塔をスケール感とともに撮るって意外に難しいことが解った。
このエントリーの最初の画像の鉄塔が一番左で、碍子がだらんと下に下がった状態。
上の画像の鉄塔が右の一番手前。

これを今日の午前中多くの人が鉄塔に上ってまだ人力でやっていた。
で今日の夕方、完了した状態。
Dscf3459

地下鉄の車両はどうやって入れるんだろう、って漫才があった。
電流を止めることなく鉄塔の立て替えってどうやってやるんだろう、
て考えたこともなかったけど、たまたま近所でやっていたので記録してみた。
橋の架け替えとか長い年月がかかるものは変化がよくわからないが
周辺への日常生活への影響や騒音、コストに配慮したリニューアルってことで
いろいろ観察していて参考になることもありました。

|

« ドラマのサブリミナル演出? | トップページ | 愛用のrotring »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/44027615

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄塔の立て替え その後:

« ドラマのサブリミナル演出? | トップページ | 愛用のrotring »