« 今年の元気 | トップページ | 環境型保冷剤 »

2009年3月15日 (日)

街の再開発

Dscf3849

え!? 二子玉川ってこんな状態になっていたの?

銭湯も材木屋もなくなっていて、更地が広がり
塗り立てのペンキのコントラストがまぶしいでかいクレーンがアオゾラににょきにょき。

特に再開発を特集しようっていう意図はまったくなかったが
工事現場の写真が偶然続いてしまった。

とても長い時間をかけた大規模な再開発だが、この急激な変化の経済環境の中で、この街の風景はどのように変化していくのだろう。
計画時の高飛車な値段設定のまま、強気の販売を始めてしまって大苦戦しているらしいここの高層マンション。1000戸の完成まで約1年だそうだが、街のブランド、プライド、価値を賭けたデベロッパーの皮算用も、思惑通りにいくはずがないだろう。

多摩川の世田谷側の河川敷もすっかり封鎖されて、大規模な改修工事が進められていた。

数年後には風景が一変しているのは確かなようだ。

|

« 今年の元気 | トップページ | 環境型保冷剤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/44358818

この記事へのトラックバック一覧です: 街の再開発:

« 今年の元気 | トップページ | 環境型保冷剤 »