« 初代Macintoshから今年で25年 | トップページ | フィルムだから »

2009年3月25日 (水)

働くということ

Dscf3937

野村さんのブログ「デザイン部門は最も創造的なのか」と言うエントリーが
載ったので、ちょっと気になってお話をしに行ってきた。

痛いところを突かれながら、叱咤激励されたと解釈し、
そのお礼とヒントをもらいに。

職種という意味ではなく同じような仕事(志)をしている人の話を聴いて頭を整理しようと言うことだ。

結果として 結論や具体的な解決策を得られる訳でもないが、
共感出来る人とのコミュニケーションから、気がつかされること、見えてくることも多い。
そして、可能性を信じて地道に取り組んでいこう、と元気をもらう。

時間がかかるんですよね。
私の経験値から行くと、ことを起こしてから形を成してきたと思ってもらえるまで3年、
価値を理解してもらえるのが5年、あたり前になるまで10年。

今の時代、何のために働いているのか。

日本人の働き方はこの5年間で大きく変わるそうだ。
変わらざるを得ない状況になるということ。
そこで大きな差がでるのが「セルフデザインできる人と出来ない人」
そこで必要なのがソーシャルキャピタル。

以上、今日のメモのほんの一部。

この5年間で自分は何をするか、どう取り組むかがとても重要ということか。

仕事と幸福、人生について  読んでみるかな。

|

« 初代Macintoshから今年で25年 | トップページ | フィルムだから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/44467964

この記事へのトラックバック一覧です: 働くということ:

« 初代Macintoshから今年で25年 | トップページ | フィルムだから »