« INFO GRAPHICS NIGHT Vol.1 | トップページ | あと4ヶ月 »

2009年6月14日 (日)

ガクアジサイ

Dscf4734

紫陽花(アジサイ)っていうのは不思議な花だなあ。

画像のアジサイは、ガクアジサイの花の部分。
正面からじゃなくて、ちょっと横から写しただけで不思議世界に突入だ!
リフレーミングの実践です。

ガクアジサイは、関東地方の海岸に自生していた日本原産の植物。
万葉集の時代から梅雨の風景には欠かせない存在な訳だ。

その土地が酸性かアルカリ性かで咲く花(正確には装飾花)の色が変わるらしいが、そう単純ではなく、地中のアルミニウム量やら補助色素やら、開花からの日数などの微妙な環境要因の組み合わせの結果で七変化するのだそうだ。

よく目にする球状に花が密集したいかにもアジサイらしいアジサイは、セイヨウアジサイでほとんどガクの変化した装飾花の姿だ。
明治以降にイギリスの園芸家が日本の青いアジサイを持ち帰って、アルカリ性土壌の欧州で華やかな赤系などに改良し、逆輸入されたのだそうだ。

集合体を俯瞰しての鑑賞もいいけれど、一歩近寄ってひとつひとつの個性を観察してみると、普段気がつかなかったまた面白い発見があるのですよ。

Dscf4733

|

« INFO GRAPHICS NIGHT Vol.1 | トップページ | あと4ヶ月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/45339028

この記事へのトラックバック一覧です: ガクアジサイ:

« INFO GRAPHICS NIGHT Vol.1 | トップページ | あと4ヶ月 »