« コダクローム生産終了 | トップページ | つもり »

2009年6月25日 (木)

デザイン思考の仕事術

Dscf4966

今日(もう昨日)、日本実業出版社から小包が届いていた。
棚橋さんから著書「ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術」を献本いただいたのでした。
6月29日の月曜日から書店にならぶそうです。

早速 帰りの電車の中から一気に読みました。
「はじめに」から 棚橋ワールドが満開で、魅力的な映画の冒頭を見ているかのような展開に魅き込まれてしまった。まさに「なぜ」という好奇心をそそりながら、わかりやすくその意味を解きほぐしていくプロットはさすがです。

ちょうどこういう本を待っていました、というタイミングです。
自分自身の行動や思考を確かめ、整理し、客観的に振り返る意味でも有効でした。
この本の目的でもある、デザイナーだけではなく、一緒に仕事をしている、そしてこれから一緒に仕事をする商品企画者や研究開発者に早速明日から薦めていくことにします。

タイトルは「仕事術」となっていて、ビジネスのあらゆる場面で生かすことの出来る術の要素と意味が端的に整理されているのですが、実はこれを実践すること自体、自分自身の気づきを増やし、周囲とともに成長を実感できる、人生の楽しみ方の指南書だと思えたのでした。

演繹法、帰納法からの筋の通った合理的な正論だけでは、より複雑で多様化した社会では解決したり、価値を生み出せない今こそ、発想法が頼りにされる時代です。
手っ取り早く手法だけいくら勉強したところで、すぐには役に立たない。
そういうことに陥らないために 感覚を磨くことが大事なのである。

学生さんや社会人になって間もない人の心得としても役に立つし、長く社会人をやっている大人には「日常の物事への接し方を自分自身でいろいろ変えてみる」ことの大切さをあらためて気づかせてくれる。

本を読んだら行動しましょう。

|

« コダクローム生産終了 | トップページ | つもり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/45454042

この記事へのトラックバック一覧です: デザイン思考の仕事術:

« コダクローム生産終了 | トップページ | つもり »