« 読書の夏!? | トップページ | 幸せの仕組みって? »

2009年7月14日 (火)

働くって?

Dscf5171

「働く」という意味も、「労働」という言葉は聖書で「苦役」を意味するので、欧米人は仕事に対して償いや罪といった暗い意識を持っているという内容のコラムを読んだことがある。

労働する必要のないエデンの園で罪を犯したために、そこから出て人間はこの世界で働いて罪を償わなければならなくなった。
一方で、日本人にとって働くことは一種の自己実現であり、創造だという労働観が存在しているのだという。現代になってその価値観が変化していることは言うまでもないけれど、大きく根本的なところでは 古い労働観に縛られているところもあって、欧米や若い世代とのすり違いも起こり始めているのだろう。

自分を育ててくれる仕事を自分で見つけ始めていく、そういう中で社会や日本らしさがまた成長して行く。

この話は 朝日新聞の毎週日曜日の求人欄のコラム「仕事力」に、2006年11月19日12月10日の4週に渡って掲載された、思想家・人類学者の中沢新一さんの談話だ。

私にとっては非常に印象的で、日本人としての働き方を考える時、必ず思い出すし、人と議論とするときも話題にすることで、いろいろ気づきがあるのです。

以下 コラムから一部抜粋、引用

「労働」という言葉は西欧では「LABOR」、聖書で「苦役」を意味します。エデンの園で、労働する必要のない状態にいたのに、そこから出て行かざ るを得なくなった。罪を犯したために、人間はこの世界で働いて罪を償わなければならなくなった。欧米では仕事に対して償いや罪といった暗い意識がつきまと います。労働はもともと苦役なんです。しかしレヴィ=ストロースは、日本においてはまったくそれが感じられないと言うのです。彼は、人形作り、焼き物、塗りなどいろいろな職人に会い話を聞い ていますが、誰もが「仕事をすること自体が楽しく、うれしい」と語ることに大きな驚きを感じています。仕事で何かの成果が表れてくるというのは、果物が実 るのを見るようなものだから、とみんなが口をそろえる。小さな町工場のおじさんたちまで、そう語ったと。

その観察は正しいと私は思います。日本人にとっては、農民から職人、町工場の技術屋さんからサラリーマンまで、働くことは一種の自己実現であり、創造なんですね。心の奥底にそういう労働観が存在しています。

現代人は、近代の労働観に縛られているところがありますが、でも、根本には古い精神層が生きていて、簡単に消えないと思います。

近代の労働倫理は日本人の中で変容が始まっていますが、しかし権力に近い人たちは相変わらずの近代価値観にしがみついていて、それが時代錯誤になりつつあることに気づいていない。

日本のモノ作りには、合理的なシステムだけでは説明できない要素が含まれていると思います。例えば芸術的要素の一つとして「コツ」を挙げることができますが、はっきりと言葉で伝えられない不合理な部分を持っていて、現在の自動車や家電品にも、その感覚的な日本人の仕事ぶりがうかがえます。

頭で考える合理的なシステムでは生まれない。日本人の芸術とは、有用性のモノ作りで実践してきた極意そのものではないでしょうか。

自然と触れ合いたい、動物や植物とのやり取りをしたいというのが日本人の文化的精神的DNAですが、現代の日本では都市生活が中心です。私たちの世代はまだ、外の世界と触れ合うために旅に出るという方法がありましたが、今のようにメディアも交通機関も発達してしまったら、どこへ行っても同じですし、出合う ものも聴く音楽も同じですね。会社も均一化してきていますから、堂々巡りではないでしょうか。

不合理を取り込んで仕事の極意に高める日本人にとって、その要素を切り捨てるヨーロッパの合理的労働観は殺伐としたものに感じられるのかもしれません。

例えば仕事はどのようにささいなものでも働く人の自己実現のツールです。仕事に価値の高さ低さはなく、給与のいい仕事をしているから成功しているというのも違います。第一線の職場にいなくても、自分が素直に充実感を持てる仕事で歩いていけばいいと思います。仕事は自分の心の置き方一つ。それが当たり前の選択になってほしいと考えています。

他人にはつまらないかもしれないけれど、自分らしい価値で目標を持ちそこに力を注ぐ方が実りがあるのではないでしょうか。誰が見ても文句のつけようがな い、立派な分かりやすさでなくていい。人がうらやむポジションの仕事でなくてもいいのです。おそらく21世紀の日本人は、自分を育ててくれる仕事を自分で 見つけ始めていくでしょう。

|

« 読書の夏!? | トップページ | 幸せの仕組みって? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/45606929

この記事へのトラックバック一覧です: 働くって?:

« 読書の夏!? | トップページ | 幸せの仕組みって? »