« 五感で楽しむ | トップページ | 一勝九敗の挑戦はつづく »

2009年7月22日 (水)

日食に思う

Dscf5288

帰る時にエレベーターで一緒になった同僚が「いいもの見せてあげますよ」と見せてくれたのが部分日食の画像。
会社の玄関前で、ふと空を見上げた時、一瞬薄くなった雲間から見えたところを撮影したものだそうだ。雲がちょうどいい具合にフィルターになって、肉眼でもしっかり見えたそうだ。
東京は西麻布で11時9分頃のこと。東京の食の最大が11時13分頃だったので、ほぼ一番欠けていたときでしょう。
素直に悔しい、羨ましい。
似たような画像が今日は至るところにアップされているので、画像としてだけなら珍しくもないが、見えた瞬間の感動を直接聞けて共感できた。で、デジカメのモニターを道ばたで撮影させてもらう私。

私はその時間、机でお仕事してました。
晴れていたら木漏れ日観察をして、地面の木陰の写真を撮ろうと思っていたのだけれど、朝からの土砂降りでちょっと無理かなあとは思いこんでいた。都会は空が狭いので、お昼休みにちょっと視界の広い裏手にあるお寺に散歩してみたが、どこに太陽があるのかも解らないほど空は真っ白。食が終わった12時40分頃になって急に明るくなり、影が出来る程薄日が射してきたのだった。夕方、また雨がポツポツしてきたけど。

夜、ニュースでは鳥取砂丘のラクダの上とか、京都で舞妓さんがグラスを覗いている姿とか日本の各地や様々な地域や航空機から太陽を眺めている様子や、動物園での動物の行動などが放映されていて面白かった。衛星から地球に写る月の丸い影の画像が移動して行く様子と日食の仕組みをCGで紹介してくれるところがテレビらしい。人間も引力バランの関係で出産が多かったのかなあ。

小学校の頃 部分日食を下敷き越しに見た記憶がある。
今は便利なので、インターネットのデータベースでさくっと調べてみたら、1969年3月18日の15時頃のことらしい。小学校2年生かあ。この年の7月20日にアポロが月面着陸し、人類初の一歩を記した。日本時間7月21日の午前中はその瞬間のためにNHKの生中継にかじりつき、西山千という人の「同時通訳」に驚愕と感動したことも鮮明に覚えている。
その翌年、大阪万博で月の石と対面した。日本中が いた世界中が月ブームだった頃だ。まさに高度経済成長のまっただ中、技術の進歩と人類の未来は果てしなく広がっているようだった・・。

次回の太陽の天体ショーは2012年5月21日(月)の朝7時30分ころに、九州から関東にかけての太平洋沿岸のどこでも最大9割が月に隠れる金環食が見られる。
梅雨の前で不安定な天気かもしれないが、通勤前、通勤途中にゆっくり観測可能なので、かなり期待できそうだ。

そして皆既日食は2035年9月2日(日)の午前10時前後の3時間、能登半島から霞ヶ浦のあたりまでの広い範囲で見ることが可能だ。
26年後のことです。
世の中どうなっているんでしょう。
大ロマンです。

|

« 五感で楽しむ | トップページ | 一勝九敗の挑戦はつづく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/45713016

この記事へのトラックバック一覧です: 日食に思う:

« 五感で楽しむ | トップページ | 一勝九敗の挑戦はつづく »