« 消え行く名作ロゴ | トップページ | 大当たり »

2009年9月18日 (金)

可能性の可視化

Dscf6076

TOKYO FIBER '09  SENSEWEAR

2009年9月18日(金)〜9月27日(日)
11:00〜20:00

21_21 DESIGN SIGHT (東京ミッドタウン・ガーデン内)
入場無料

旭化成、クラレ、帝人、東洋紡績、東レ、三菱レイヨン、 ユニチカ、サカセアドテック、日本絹人繊織物工業組合連合会といった 合成繊維の企業や団体が、各社の合成繊維の可能性を 日本のトップクリエイターの作品を通して紹介するイベント。

ミラノサローネにあわせてトリエンナーレ美術館で開催され、38,000人という記録的な集客をはたした上で、東京に凱旋展示だ。

デザインがモノ作りでできる可能性をビジュアライズし、五感で感じさせてくれる。デザインの新しい役割を高いクオリティーで示している展示会だと思う。

入り口の超撥水繊維と水滴が描き出すロゴは、輝く宝石のインタラクションのように美しい。一気に魅き込まれる。

高度な研究開発と生産技術に支えられた人工繊維について、繊維=ファッションにとどまらず、様々な分野に応用展開されている点が共感できる。

しかし、「お手を触れないでください」の表示が歯がゆい。さわりたくなるし、さわらなければ伝えたいことも伝わらないでしょう・・・。

17作品、全部のカタログを収集。大満足。

デザイナーがこれを見て、その可能性を見せることができる力を信じるべきだし、研究開発者や営業マン、経営者にもその力を見て欲しいと思います。

キホンは観察とリフレーミングの積み重ねだということも。

Dscf6081

|

« 消え行く名作ロゴ | トップページ | 大当たり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/46239823

この記事へのトラックバック一覧です: 可能性の可視化:

« 消え行く名作ロゴ | トップページ | 大当たり »