« 目的に応じたコミュニケーション | トップページ | 忘れない工夫 »

2009年10月 5日 (月)

30年振りの再会

Dscf6215

中学・高校の6年を一緒に過ごした同級生のプチ同窓会に参加した。
同級生は1クラス50名の12クラス、600名いる。(今は少子化で1学年300名以下らしい)
多くは地元名古屋の大学に進学して、地元企業に就職したり、家業を継いだり、開業したり、先生になったり。今日は、東京近郊在住の8名が集まった。
7年前に卒業後初めての学年の同窓会が開催されたらしいのだが、私は行方不明者。
3年前の2回目の同窓会でメーリングリストが作られ、200名以上が登録され、そこで初めて私も「おまえは行方不明だぞ」と年賀状で教えられてそこに参加した。
東京でのプチ同窓会は数名で以前からちょこちょこやっていたらしいのだが、そのメーリングリストで、小学校からの同級生の消息を知り、今回参加すると聞いて、これはいくしかないと思った。
実際に参加してみると、たった8名ながら6年間のクラス替えのおかげか、全員覚えているだけでなく、共通の友人が次々と名前と顔とエピソードが浮かぶものだ。さらに最近の消息を知り、あまりの多彩さとその活躍ぶり、浮沈に驚愕する。生きるって凄い!

東京に来ている者は、名古屋の保守性に反して独立心が強いのか、今日の8名のうちサラリーマンは私と大手ゼネコンの設計課長のわずかの2名。さらにエディトリアルデザイン、グラフィックデザイン、古物商、画商 各1名にコンサルティング2名ということで、偶然だがあまりにもアート、デザイン関係が多いことに驚く。
でもmixi率 25% Twitter率 13%。

ガールズトークならぬ、ボーイズトークで5時間近く同じ店で呑んでしまったが、濃厚な時間を共有して絆は深まり、また再会を誓って別れを惜しんだ。



|

« 目的に応じたコミュニケーション | トップページ | 忘れない工夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/46397492

この記事へのトラックバック一覧です: 30年振りの再会:

« 目的に応じたコミュニケーション | トップページ | 忘れない工夫 »