« 本が連なり、絆が生まれる | トップページ | MUJI XMAS 2009 »

2009年11月20日 (金)

ヴェルナー・パントン展

Dscf6438

ヴェルナー・パントン展

2009年10月17日(土)〜2009年12月27日(日)/月曜休館(祝日の場合は翌火曜日)
11:00~19:00(金・土は20:00まで)
入場料:一般1,000円 大・高校生:800円 中・小学生:600円(土・日・祝は無料)
閉館1時間前より半額
東京オペラシティアートギャラリー (東京オペラシティタワー3階) 

気にはなっていたところに、同僚が「凄っくいい!!、俺はもう1回行くよ、絶対」と絶賛するし、気がついたら終わっていたということにならないよう、思い立ったそのとき。
行ってみました。

ヴェルナー・パントン氏の代表作はなんといってもパントンチェア。

知らない人でもどこかで見たことがあるか、座ったことがあるんじゃあないかなあ。造形を工業生産的に実現するためにはそれを支える材料と生産技術が必要だ。まさにデザイン。パントンチェアのデザインに、量産にための技術が追随できなかった初期から、現代バージョンへと時代の変遷を見るだけのも興味深い。

今回の企画展は、パントンチェアのみならず、パントン氏の色彩とフォルムを駆使した独創的な空間造形の世界をまさに肌で実感できる回顧展だった。

シンプルな幾何形態のモチーフやディティールへのこだわりは、流石デンマーク出身の北欧デザインの流れを汲んでいると思えるのだが、アンチモダンとも言えるデザインは、楽しさや心地よさを優先させていて、展示会空間としても面白い。

展示会場ではぜひコートを脱いで、体感してください。ぜひ、脱ぎやすい靴もお忘れなく。

ちなみに、金曜は19時を過ぎると入場料が半額の500円になってお得です。その得で、結局 パントンチェアの1/36フィギュアを買っちゃたんだけど。

|

« 本が連なり、絆が生まれる | トップページ | MUJI XMAS 2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/46819821

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェルナー・パントン展:

« 本が連なり、絆が生まれる | トップページ | MUJI XMAS 2009 »