« 専修大ネットワーク情報学部の発表会 | トップページ | 良質なテレビ番組 »

2009年12月13日 (日)

創造と破壊@フランス大使館ー最初で最後の一般公開

Dscf6679

フランスに行ってきました。南麻布だけど。

大使館の敷地なので日本であって日本でない、と思っていたけど、どうも旧庁舎のある一部だけ50年の定期借地権を与えたらしい。新庁舎は既に完成し、引っ越した後の旧庁舎は解体され、定期借地権の土地の上に大手デベロッパーが賃貸の集合住宅を建設するのだそうだ。フランス政府の土地活用ですな。だからそこは借地するあいだは日本ということで自由に入ることができるのでしょう。(といっても、ゲートは二重で厳重だったけど)

フランス大使館旧庁舎は1957年ジョゼフ・ベルモンの設計。私が初めてフランスに旅行しようとした時はテロ対策の影響のため一時的にVISAが必要で、フランス大使館には長い行列ができていた。平日は時間がなく、妻の知人にお願いしてVISA をとってもらったので、フランス大使館を訪ねる唯一の機会を逃して結局一度も行ったことがない。ちなみに旅行をした1989 年4月以降はVISAが免除となり、3月に取得したVISAは今や幻の記念スタンプだ。

Dscf6694

旧庁舎は築50年。建築探訪としては最初で最後の見逃せない機会だ。Joseph Belmont(1928-2008年)のわずか24歳の時の作品なのだ。後の1958年から1978年にかけて大統領府付きの建築家となり、建築局長およびデファンス公共施設理事長としてフランス国立図書館やパリの新凱旋門(グランド・アルシュ)建設といったグラン・トラヴォー(大建築事業)にも携わったベルモンが、東洋の国の大使館建築に傾けた当時の気鋭建築家としての情熱が、機能性や素材、ディティールから伝わってくる。それだけでも十分ワクワクするのに、日仏の新進気鋭のアーティストによって彩られたエキサイティングな空間として、消え行く運命の建築に最後の命が吹き込まれていた。

どうせぶっ壊すのだから、各大使館員の職務室から廊下、トイレ、屋上のアンテナ、中庭、駐車場にいたるまで、あらゆるところをウォールペイントや廃材を利用したオブジェやインスタレーションの表現の場としてしまおうという在日フランス大使館 文化部の企画が素晴らしい。だから、触り放題、写真撮り放題という珍しい展示会なんです。

Dscf6643

Dscf6721

NO MAN'S LAND  

解体前のフランス大使館旧庁舎を見る唯一のチャンス

2009年11月26日(木)〜2010年1月31日(日)
開館 :木・日曜日 / 10時−18時、金・土曜日 / 10時−22時
休館 :毎週月〜水曜日、2009年12月28日(月)〜2010年1月6日(水)
場所 :フランス大使館旧館(東京都港区南麻布4-11-44)
入場料 :無料

主催 :在日フランス大使館文化部

Dscf6656

Dscf6701

Dscf6647

Dscf6650

いきなり ピンホールカメラを覗きなさい、と。旧庁舎の建物が50年の歳月を凝縮した1枚の小さな味わいのある絵で見えます。粋なインスタレーション。

Dscf6652

横浜の建築事務所、みかんぐみによる、キャビネットのリサイクル、リユースプロジェクト。

Dscf6661

庭の中にも執務室と一体となったインスタレーションが。かなり精巧な制御で透明なパイプの中をダウンがふわふわとダンスを描きます。

Dscf6664

中庭も

Dscf6674

廊下も

Dscf6684

階段ホールも

Dscf6690

執務室も

Dscf6717

屋上のアンテナもアートだらけ。

Dscf6695

まだ製作進行中のアートも。(午後から、はなまるマーケットの取材が入るという話をしていました)

Dscf6715

カフェのテーブルは執務室の扉・・。

Dscf6699

喫煙場所もこんな感じ。

Dscf6700

別館では東京藝術大学系プロジェクトによる37名の若手アーティストの作品展示。

MEMENTO VIVERE / MEMENTO PHANTASMA
  イキテルキオク マボロシノキオク


2009年12月11日(金)〜12月27日(日)
木・日10〜18時、金・土10〜22時(月〜水は休館)
旧在日フランス大使館庁舎別館、屋外敷地

主催 :東京都/東京文化発信プロジェクト室/東京藝術大学

週末毎にシンポジウムやイベントもあるようです。

Dscf6708

インターナショナルと下町が入り交じっていたり、坂の上と下で街並がこれほどちがうのか、という江戸時代から東京に至る年の変遷を想像するブラタモリ的散歩も楽しめます。

広尾駅から徒歩5分、渋谷から都バスで天現寺橋も便利。私は車にしたので、明治通りから1本入ったところにあった土地活用で周囲相場よりかなり安い小さなコインパークを利用した。

 

|

« 専修大ネットワーク情報学部の発表会 | トップページ | 良質なテレビ番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/47008528

この記事へのトラックバック一覧です: 創造と破壊@フランス大使館ー最初で最後の一般公開:

« 専修大ネットワーク情報学部の発表会 | トップページ | 良質なテレビ番組 »