« バッタリ倒れ屋さん | トップページ | 創造と破壊@フランス大使館ー最初で最後の一般公開 »

2009年12月12日 (土)

専修大ネットワーク情報学部の発表会

Dscf6630

PROJECT2009 EXHIBITION
専修大学ネットワーク情報学部プロジェクト発表会

2009年12月12日(土)10:30〜16:00

専修大学生田キャンパス10号館1F アカデミーモール/ゼミ室

午前中に行ってきました。
昨年初めて来たので、今年は2回目。
11号館裏のゴルフ場の駐車場に車を停めると近くて便利、と勝手もわかってきた。

全部で24のプロジェクトの展示があったのだが、きちんと説明を聴いて学生さん達と話ができたのは5つだけ。それだけで2時間。。。

「素直な気持ちを伝えよう」
音声に宿る感情に"触れて"始るコミュニケーションの支援

「遊びにおける発見性に着目したコンテンツ開発」

「まかせて」 まいこんでかいてき せいかつのていあん

「Felicaでカンタン!!オンリユーな広告」

「Shareat」
一人暮らしの学生のための孤食解決および食材廃棄削減支援システム

チームで課題を設定し解決するシステムを実装、動かすという演習。
説明をお願いすると、私は全体がわかっていないのできません。。。説明係ではないので
。。。。ここからは次のメンバーが。。。。というプロジェクトもあって、分業作業とはいえ、じゃあ、あなたは何のための何をしていたのと突っ込みたくなる場面もしばしば。そうねえ、学生さんの層も厚いので、普段接してお話ししている本質をちゃんと考えようという姿勢の方ばかりではなく、このようなチームとしての取り組みの意味をあらためて認識。
このプロジェクトの発表に至るプロジェクトマネージメントの疑似体験という学びも垣間みれた。 

「素直な気持ちを伝えよう」と「Shareat」は、以前研究所の見学に来ていただいた知っている学生さんが大変にきちんと最初から最後まで説明してくれて、さらに質問やコメントにも真摯に受け答えてくれました。
いずれも提案としては一つの方向性を示していて、そこに至る試行錯誤や決断の場面の話も聴けた。どちらも社会的な側面とそれを構成する人間として有り様を課題として、それはどういうことかという側面を考えたり、心理的な背景も議論したようで、解決を試みるのは当事者の人間であって、システムはそれに気づきを与えるというアプローチが素晴らしい。最終的にシステムとして稼働することが目標だから、短い期間ではたくさんの人間が関わっているので深堀はできていないが、もう少し現場を観察するとアプローチのの幅も広がったことだろう。次は人間中心設計について学ぶつもりですと言っていた学生さんがいて、とても心強く思った。
私はこの課題に至る背景としての人の営みについて興味が湧いてきた。
先生達が、システムを提供する側が常にそれを使うユーザーのことを深く洞察しなさい、と言っているように私は読み取った。そこを学生さん達はできる範囲で受け止めようとしている気がした。多分、社会に出てああ、こういうことだと気がつく日が必ずや来るでしょう。
こういったところが 文理融合のこの学部の強みだと思う。

「遊びにおける発見性に着目したコンテンツ開発」
実装されたゲームは完成度はともかくその発想はとても面白かった。なぜそれが多くの人が面白いと感じるのか。人が喜ぶゲームを作りたいという出発点とのギャップが上手にコンテクストとして演習のプロセスのなかで埋め切ることができていないのが惜しまれた。自分達の経験から「遊び」を定義していたけど、その狭さや不十分さが命取りになりかねない、やりたいことをやるためには、何が必要かを気がつくと強くなれるのになあ。自戒を込めて。

なあんて、ことしも私なりにいろいろ収穫があって楽しめました。

音声から人間の感情を可視化するシステムがあることを知った。これはfMRIと音声周波数分析とのサンプルから何らかのアルゴリズムによるマッチングシステムなんだろうなあと推察したのだが、会場では企業秘密でどういう仕組みかはわからないとのことだった。
家に帰ってググって 社長さんのプロフィールにびっくり。
先日のスキャンマインドを利用したオノマトペの可視化と似ているようで全く異なる、無意識の可視化、感性の定量化という意味で、これはまた面白い手法を知ってしまった。

Dscf6637

|

« バッタリ倒れ屋さん | トップページ | 創造と破壊@フランス大使館ー最初で最後の一般公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/47001971

この記事へのトラックバック一覧です: 専修大ネットワーク情報学部の発表会:

« バッタリ倒れ屋さん | トップページ | 創造と破壊@フランス大使館ー最初で最後の一般公開 »