« 創造と破壊@フランス大使館ー最初で最後の一般公開 | トップページ | N響の第九 »

2009年12月20日 (日)

良質なテレビ番組

Dscf6765

昨夜は妻が忘年会で留守だったので
娘達と3人で鍋をつつきながら、
録画しておいたNHKハイビジョン特集「魔性の難問〜リーマン予想・天才達の闘い」
(11月21日 90分版)を見る。

この番組の可視化力は凄い!!!

私は、大学のカフェで数学者と物理学者の偶然に出会い、
それによって素数と原子物理学が急接近するところに感動した!

番組タイトルからリーマンブラザースの破綻による今の世界不況の解説という
経済番組と勘違いした人も多いらしい。
ぜ〜んぜん違います。素数の話。

NHK総合テレビでは11月15日に放送されたのだが 50分版だったらしい。
録画したハイビジョンは90分版だった。

放送内容をビジュアル付きで詳しく解説したブログを発見!(著作権問題あるんじゃない!?)
とても説明しきれないのでこちらをご覧ください
リーマン予想「魔性の問題」

今日は朝から 勝間和代の「ようこそ先輩 課外授業」と
「題名のない音楽会」の吹奏楽クリニックを見ながら
その道のプロが子供達やアマチュアから能力を引き出す場面と
引き出された側の笑顔に感動していた。

午後からはカウチポテト(死語!)ならぬ
無印の「素のままポテトチップス」にコンソメをしゃかしゃかして
「坂の上の雲」も録画で見て 追いつく。

恐るべし NHKの底力
民放じゃあ ありえん番組ですな。
受信料の払いがいがあるね。
民放でも「題名のない音楽会」はある意味 奇跡ですよ。

|

« 創造と破壊@フランス大使館ー最初で最後の一般公開 | トップページ | N響の第九 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/47069774

この記事へのトラックバック一覧です: 良質なテレビ番組:

« 創造と破壊@フランス大使館ー最初で最後の一般公開 | トップページ | N響の第九 »