« またひとつ | トップページ | Post it »

2009年12月10日 (木)

多様な知へのアクセシビリティ

Dscf6600

多くの方々に共感をいただくと、それは、大きなモチベーションになる。

付加価値型モデル限界から、人間中心的(本質的)問題解決が価値を生む時代へ。
分析型から創造型の経営モデルへ。

今の不況状態から景気が回復したとして、それまでじっと過ごしていればまた同じように需要も回復する、と思っていると大変なことになるそうだ。
景気が回復した時には、売れる理由が違っていて、利益構造も異なっているから。

じゃあ、何をすればよいか。
社会を見て、技術開発をするソーシャルイノベーションが重要というお話。
イノベーションを続けなければ収益性は低減する。

そこで技術をデザインで社会に出して検証するということに意味がある。
さらに日本型のR&Dを生み出すことと それぞれのアイデンティティにあった発想のプロセスを構築していくことがポイント。

今日は、そういうお話を聴いたことと、自分の話から多くのを気づきを客観的に得ることができた日でした。

|

« またひとつ | トップページ | Post it »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166759/46989672

この記事へのトラックバック一覧です: 多様な知へのアクセシビリティ:

« またひとつ | トップページ | Post it »